NEW

崖っぷちパチンコメーカーに気になる動きが!?「蘇ってほしい」「面白い台はよ!」

【この記事のキーワード】, ,

崖っぷちパチンコメーカーに気になる動きが!?「蘇ってほしい」「面白い台はよ!」の画像1

人気ライターやお笑いタレントも登場!

 パチンコメーカーとアイドルによる新プロジェクトが始動する。高尾は7月1日、新機種のリリースに伴う「TAKA乙女 from LinQ」を展開すると発表。同時に特設サイトを開設し、動画「パチパチ高尾学園」を公開した。

 LinQは九州・福岡を拠点に幅広く活躍するアイドルグループで、2011年にデビュー。グループ名は「Love in 九州」の頭文字から発想した造語で、「笑顔の架け橋!」「継続はマリンメッセなり!」の旗印のもと、未来へ繋がる情熱ライブパフォーマンスでLinQワールドを創造している。

 今回のプロジェクトに参加するメンバーは担当カラー・パッションピンクの高木悠未、さくらピンクの新木さくら、緑の海月らな、赤の涼本理央那、青の金子みゆ、オレンジの吉川千愛の6名。特設サイトでは同社キャラクター・キレパンダと共に踊るオリジナル楽曲も観ることができる。

 また、7月4日には新たな動画をアップし、件の新機種が『P銭形平次3 DENKOSEKKA』であることを発表。動画ではお笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃん、人気ライターの嵐氏、倖田柚希氏、せせりくんなどが登場し、同機の魅力を複数回に渡って伝えていくとのことだ。

 同社の『銭形平次』シリーズとしては、2017年に『ぱちんこCR 銭形平次 with でんぱ組.inc』がデビュー。その名の通り、人気アイドルグループ・でんぱ組.incとのコラボレーション機で、大当り確率256分の1、199.8分の1、99.8分の1と3種類のバージョンがあった。

 2019年には大当り確率219.1分の1、トータルRUSH突入率約58.1%、トータルRUSH継続率約81.0%の『P銭形平次2』、大当り確率99.9分の1、確変突入率100%、ST継続率約85%の『P銭形平次2 疾風STVer.』をリリース。いずれも破壊力に長けた仕様で、時代劇ファンのみならず多くのプレイヤーを魅了している。

窮地に立たされる高尾の新プロジェクトにエールが続出

 当サイトでも報じた通り、同社は2022年5月30日付で民事再生法の適用を申請し、保全監督命令を受けた。負債額は66億7,996万円とされている。

 同社のロゴマークと言えば不死鳥だ。久しぶりのビッグプロジェクトに同社の気合が伝わるだけに、ネット上では「蘇ってほしい」「面白い台はよ!」など応援の声が飛び交っている。 

 なお、『P銭形平次3 DENKOSEKKA』の導入時期については、現時点で不明だ。

(文=編集部.)

【注目記事】
パチンコ「進化を遂げた最高峰スペック」で覇権を狙う!!
パチスロ「有利区間をぶち破る」衝撃のAT性能で名機復活!ダークホース最有力のリアルボーナス連チャンス機も話題に!【Pアワード2022上半期―パチスロ部門―】
パチスロ奇跡の挽回劇? 夕方から『ジャグラー3000枚』への道!!

崖っぷちパチンコメーカーに気になる動きが!?「蘇ってほしい」「面白い台はよ!」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合