NEW

JRAの賞金王・矢作芳人厩舎に「二刀流」のスター候補、ユニコーンライオンのダート出走は「新境地」か、はたまた「調教」か

JRAの賞金王・矢作芳人厩舎に「二刀流」のスター候補、ユニコーンライオンのダート出走は「新境地」か、はたまた「調教」かの画像1
ユニコーンライオン

 小倉競馬場で10日に行われるプロキオンS(G3)。夏競馬恒例のダート重賞に、昨年の宝塚記念(G1)で2着に入ったユニコーンライオン(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が出走を表明した。

 同馬は昨年5月の弥彦S(3勝クラス)を勝ってオープン入りを果たすと、6月の鳴尾記念(G3)では重賞初挑戦ながら後続に3馬身1/2差をつける快勝。さらに続戦した宝塚記念でもクロノジェネシスの2着と大健闘を見せ、一気に芝中距離路線の主力の一頭まで駆け上がった。

 ところが、さらなる飛躍を期待された秋のG1シーズンを前に蟻洞(蹄に空洞ができる病気)を発症する痛恨のアクシデントが発生し、長期休養を余儀なくされてしまう。以降の大舞台を棒に振ったまま年を越し、その後も再始動の知らせはなかなか聞こえてこなかった。

 そんな中、今年4月に僚馬・パンサラッサとともに凱旋門賞(仏G1)に登録する方針であることが報じられ、そこで矢作師から「夏頃の復帰予定」というコメントが見られた。凱旋門賞は「あくまで選択肢の一つ」としたうえで、「出走の可能性は低いが、欧州の馬場は合うと思う」と当時の陣営は語っていた。

ユニコーンライオンのダート出走は「新境地」か…

 それから2カ月とちょっと。季節は夏に移り、ついにユニコーンライオンが帰ってくるのだが、1年ぶりのターフでどんな雄姿を見せてくれるのかと思いきや、復帰戦に選ばれたのはまさかのダートだった。

 ダート戦の出走というと、2020年8月のTVh賞(3勝クラス)以来で約2年ぶり。ダートはこれまでのキャリア19戦のうち2回しか走っておらず、ともに3勝クラスのレースで結果は15着と11着。決して得意な条件とも思えないが……。

 1年ぶりの復帰レースが実績皆無のダート戦。やはり「脚元の負担を考慮しているのでは」という見方が圧倒的に多く、ネットの掲示板やSNS上では一部のファンから「なぜダート」「調教代わりでしょ」といった声すら出ている。

 その一方で、「何か勝算があるのでは?」という気持ちを完全に拭い去ることができないのは、やはり“矢作厩舎”という名門の大きな看板による力が大きい。

 7月に入り、2022年もちょうど折り返し地点を過ぎたところだが、今年の矢作厩舎の地方・海外も含めた総賞金は全体トップの11億7000万円。2位が木村哲也厩舎の10億1000万円で、現時点で10億円を超えている調教師はこの2人しかいない。

 これだけ稼ぐことができるのは、預かる馬の質の良さに加えて育成力、調整力が一流であることはもちろんだが、矢作厩舎の最大の強みと言える“馬の適性を見極める力”だろう。

JRAの賞金王・矢作芳人厩舎に「二刀流」のスター候補、ユニコーンライオンのダート出走は「新境地」か、はたまた「調教」かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合