NEW

パチンコ新台「大当り最大5回」をまとめて放出!「一撃90000オーバー」を吐き出す覇拳SPEC!!

【この記事のキーワード】, ,
パチンコ新台「大当り最大5回」をまとめて放出!「一撃90000オーバー」を吐き出す覇拳SPEC!!の画像1
パチンコ「大当り最大5回」をまとめて放出!パチンコ新台『P真・一騎当千』

ホットな新台をユーザーの感想を交えつつ掘り下げていく【激アツ新台実戦JUDGEMENT】

 今回のピックアップマシンは、『天才バカボン』に実装された「神スペック」を凌駕する豪傑出玉性能を装備した「覇拳SPEC」にて天下獲りに名乗りを上げた『P真・一騎当千』(以下、真・一騎当千)だ。

 大当り確率が1/319.7で突入率が約73.2%、継続率が約80%のRUSHを搭載している本機。その最大の特徴は1回のRUSH抽選でマックス約7500発を獲得することができるその出玉性能にある。

 RUSHモードとなる「真・覇王演義」は1回転の時短+保留4個で構成されており、仕組み的には従来の1種2種混合機における連チャンモードとなんら変わりない。ではなぜ、最大7500発もの出玉を獲得することが可能なのか。それは見せ方の違いである。

抽選結果をまとめて放出

 一般的なRUSHは1回転ごとに抽選結果を反映させた当り・外れを告知したり、保留の当り玉を「Vストック」として放出したりするのだが、本機は抽選結果を一度にまとめて吐き出す形となる。

 つまり、従来機では「××○×○」の結果の場合、最初の○で通常の大当り、次の○でVストックとして処理したものを、本機の場合は2回分の大当りに相当する出玉を1回の契機でまとめて放出しているのである。

 したがって、5回分の抽選がすべて大当りし、かつ、そのすべてが10ラウンド1500発なら5×1500=7500発が最大の出玉となる。

 ただ、毎回律儀に5回の抽選結果を告知するのではなく、例えば今回は1回分だけ表示して次回に回すとか、3回分で区切るなど、ランダムに演出表示をするようなので、よりスリリングでわくわくできるRUSHになっている。

 このように、抽選状況によって1回のRUSHにおける出玉の幅は相当に変化する。振り分けなどの詳細は明らかにされていないが、メーカー公表の右打ち時の出玉分布は「平均約3550発(3000~7500発)が約15.1%、平均約1770発(1500~2999発)が約63.2%、平均約590発(350~1499発)が約21.7%となっている。

 ちなみに、最低出玉は0発ではない。BONUSを引けなくても「小当り」として約150発の出玉払い出しが発生するようになっており、連チャンしなくとも750発は獲得できるのである。

 大当り1回の平均は1800発弱となり、現行の最大ラウンドよりボリュームのある出玉感で80%ループが展開。「一回で4650発取れた」「2連チャンで8000発」など出玉のボリューム感は抜群。3000発以上もわりと発生するようで、馬力は想像以上。

 もちろん、連チャン性能のほうも上々で、RUSH一撃30000発、40000発、92000発といった出玉報告や、終日で6万発、8万発などの結果を出した台もあるようだ。アイデアあふれる新感覚のRUSHと最強クラスの出玉のシャワーを体感できる覇拳スペックでミドルタイプの頂点を狙うマシンである。

(文=大森町男)
<著者プロフィール>
 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
「初当り=最強特化ゾーン」パチスロ6.5号機でアノ爆裂シリーズが再臨!
パチスロ「ぶっとんだ上乗せ性能」1レバーで驚愕の4桁乗せ!?
パチスロ「一撃5000枚オーバー」の経験も!? ”夢幻”JAC搭載の珍機種をプレイバック!!

パチンコ新台「大当り最大5回」をまとめて放出!「一撃90000オーバー」を吐き出す覇拳SPEC!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合