NEW

JRA【プロキオンS(G3)予想】評価の高いラーゴムは危険な人気馬!昨年に続き荒れるコースだからこそ買える穴馬をピックアップ

JRA【プロキオンS(G3)予想】評価の高いラーゴムは危険な人気馬!昨年に続き荒れるコースだからこそ買える穴馬をピックアップの画像1

 今回はダート重賞、プロキオンS(G3)を予想していく。

 まずはいつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。京都競馬場改修の影響で本来は中京開催の重賞であるのだが、20年は阪神、昨年と今年は小倉と開催場が変更されている。また、小倉開催分は本来の距離より300m延長された1700mで施行されている。
天保山S(OP)、アハルテケS(OP) 各5頭
かしわ記念 3頭
栗東S(OP)、欅S(OP) 各2頭
目黒記念、函館記念、アンタレスS、東京スプリント、さきたま杯、かきつばた記念、北海道スプリントC 各1頭
オープン特別 3頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
海外遠征 1頭
となっている。JRAのダート重賞が少ないせいもあって、オープン戦を経由してきた馬が多い。重賞組は交流重賞ばかりだが、かしわ記念のようにG1格付けのレースから転戦してきている馬もいるので、この辺のパワーバランスは精査が必要だろう。条件戦を使ってきた馬は意外にも2頭しかいないので、こちらは軽視しても構わないだろう。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 2-2-2-4
2番人気 2-2-2-4
3番人気 0-2-0-8
4~6番人気 4-2-2-22
7~9番人気 1-1-2-26
10番人気以下 1-1-2-61
となっている。1番人気と2番人気は相応にアテにできそうな数字ではある。中京開催時には上位人気がすべて飛ぶようなことはなかったのだが、開催場が変更されたこの2年は上位人気がすべて飛んでしまい、昨年は194万馬券、一昨年は82万馬券と荒れ放題になっている。今年もこの傾向は続くことが予想されるので、人気薄は要チェックだろう。


 これを踏まえて「◎」は人気薄の14番ヴェルテックスとする。

 前走はダイオライト記念(G2)。中団から競馬を進めるが、前が止まらなかった上に直線での伸びを欠いて6着に敗れている。

 この馬は2歳から3歳夏まで7回の2着はあれど未勝利を勝ち上がることができず、一旦園田へ転出している。これが良かったのか園田で連勝して再び中央へ戻り、昨年春のうちに1勝クラスからアッという間に3勝クラスまで脱けてオープン入りした。

 そこからの3戦が案外だったものの、秋に入って再び調子を上げて近5走は前走の6着を除くと1勝3着3回と好成績を収めている。この中には名古屋グランプリ(G2)勝ちや川崎記念(G1)3着も含まれ、交流重賞ばかりながら実績はメンバー中でも見劣りしない。

 昨年のこのレースは1分40秒9というスーパーレコードで決着しているが、重馬場だった昨年と違って今年は良馬場確実。となると、それなりの時計になるだろうが高速決着にならない可能性が高い。そう考えると地方で好成績を収めてきたこの馬に出番が回ってくる可能性が十分にある。中央での実績でない分人気はないが、だからこそ狙いたい1頭だ。


「○」は昨年の3着馬、5番メイショウウズマサを挙げる。

 前走はアハルテケS。59kgを背負いながらハナを奪い、直線でもよく粘ったが斤量が堪えたのか後ろに交わされ3着となった。

 昨年のスーパーレコードの立役者とも言える馬だが、キャリアを通じて成績が安定していない馬で、近5走を見ても前走の3着以外に1勝2着1回を挙げている一方で、人気を背負いながら不可解な大敗を喫してもおり、馬の調子によるところが大きいとも考えられる。

 陣営からはデキの良さをアピールする声が聞こえてくるが、前走の走りを見る限り問題はなかろう。ハナを奪って自分のペースで走れれば、ということだが、今回は前走より斤量も3kg減と楽になるだけでなく、メンバーに同型馬がいないので自分の形に持ち込んで昨年の再現も可能と見た。

JRA【プロキオンS(G3)予想】評価の高いラーゴムは危険な人気馬!昨年に続き荒れるコースだからこそ買える穴馬をピックアップのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合