NEW

JRA【函館2歳S(G3)展望】武豊「25年ぶりV」へ、新馬主インゼルレーシングに「電光石火」の重賞制覇をプレゼント!?

JRA【函館2歳S(G3)展望】武豊「25年ぶりV」へ、新馬主インゼルレーシングに「電光石火」の重賞制覇をプレゼント!?の画像1

 先月11日に開幕した函館開催もいよいよ最終週。フィナーレを飾る函館記念(G3)の前日、16日には2歳世代最初の重賞レース、函館2歳S(G3)が行われる。

 どの馬もまだ1~2戦とキャリアが浅く、力の比較は難しいが、中心は同コースで新馬勝ちした3頭だろう。

 1頭目は、昨年設立されたばかりの一口馬主クラブ、インゼルレーシングが送り込むクリダーム(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)である。

 インゼルレーシングの代表を務めるのは松島悠衣氏。父が松島正昭氏なので、実質キーファーズの傘下といえる新興一口クラブである。クリダームは、初年度に募集された19頭のうちの1頭で、先月12日の2歳新馬戦でクラブの初陣を見事に飾った。

 鞍上にいたのはもちろん武豊騎手。2番手追走から直線力強く抜け出す好内容で、開幕週の高速馬場も味方に1分9秒5という優秀な勝ちタイムで駆け抜けている。

 武騎手は、クリダームを「能力のある馬」と褒め称えたが、一方で、返し馬では止まらなくなるシーンもあり「気性が少し前向きすぎるのが今後心配」と注文もつけていた。

 血統的には父が中長距離向きのハーツクライだが、母系は早熟の短距離志向。母のブーケトウショウは未勝利だったが、祖母マザートウショウは天性のスピードを武器に新馬、函館3歳S(当時)を連勝し、桜花賞(G1)でも4番人気に支持された。しかも母の父がサクラバクシンオーで、まさに1200m戦にうってつけといえるだろう。

 新馬戦と同じ舞台なら気性の悪さを露呈する可能性も低いか。武騎手は勝てば、1997年のアグネスワールド以来となる。アグネスワールドとはその後、海外G1を2勝した名コンビとなったが、クリダームで25年ぶりの“夢”を見ることはできるか。

 吉田隼人騎手が騎乗予定のスプレモフレイバー(牡2歳、美浦・久保田貴士厩舎)も函館芝1200mを勝ち上がった1頭だ。

 こちらは開幕2週目の新馬戦を1分9秒9で走破した。時計的にもクリダームと実力は互角といえそうだ。

 その前走は、8頭立ての6番枠から楽にハナに立つと、そのまま2馬身差をつけて逃げ切り勝ち。吉田隼騎手は「今後競馬を覚えて色々な競馬ができるようになれば、可能性も広がると思います」と、逃げにはこだわらない姿勢を見せている。

 血統的にはクリダーム以上に短距離向きの可能性もある。父ダイワメジャー、母の父サクラバクシンオーという血統から、2歳戦の1200mはピッタリ。勝ち上がった新馬戦のメンバーレベルも高く、あっさり2連勝を飾っても全く不思議はない。

JRA【函館2歳S(G3)展望】武豊「25年ぶりV」へ、新馬主インゼルレーシングに「電光石火」の重賞制覇をプレゼント!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合