NEW

【ジャパンダートダービー(G1)展望】「芝の刺客」コマンドラインVS「ダート連対率100%」武豊ノットゥルノ!池添謙一絶賛ブリッツファング、無傷ハピなど好メンバー揃う

【ジャパンダートダービー(G1)展望】「芝の刺客」コマンドラインVS「ダート連対率100%」武豊ノットゥルノ!池添謙一絶賛ブリッツファング、無傷ハピなど好メンバー揃うの画像1
コマンドライン

 13日、大井競馬場ではジャパンダートダービー(G1、以下JDD)が行われる。今年の3歳ダート王決定戦は群雄割拠の楽しみなメンバーがそろった。

 川田将雅騎手との初コンビで参戦してきたのは、ダート初挑戦となるコマンドライン(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 昨年6月の新馬戦を前に、鞍上C.ルメール騎手からは「来年(2022年)のダービーを予約しておきます」という発言が飛び出したほどの逸材。実際にデビュー戦を快勝すると、秋にはサウジアラビアロイヤルC(G3)も勝って2戦2勝。この時点では、日本ダービー(G1)の有力候補に挙げられていた。

 ところが、3連勝を狙ったホープフルS(G1)で1番人気を裏切って12着に惨敗すると、始動戦となった毎日杯(G3)も8着。まさかの2連敗で世代トップクラスの評判馬は一気に脇役へと転落した。

 さらにコマンドラインに追い打ちをかけたのが、今年の3歳牡馬クラシック路線が大混戦だったこと。重賞ウイナーにもかかわらず、なんとダービーでは2分の1の抽選。しかも悲運の抽選落ちで、ダービー不参戦というまさかの結果に終わってしまった。

 たとえ出走していても、厳しい戦いを強いられていたのは間違いないが「ならば」と矛先を向けたのが芝ではなく、砂の3歳王者を決めるJDDだった。

 父がディープインパクトということもあって、ダート適性には疑問の声も上がっているが、母系はゴリゴリの米国ダート血統。母のコンドコマンドは米国で8戦5勝の成績を残し、デビュー2戦目のG1(ダート1400m)では2着に13馬身半差をつける圧勝劇を飾っている。

 コマンドラインの全姉トレデマンドもダートで2勝しており、砂に適性があっても不思議はない。残念ながら、ルメール騎手の“ダービー予約”は有言実行とはならなかったが、代わりに騎手リーディング首位を走る川田騎手が勝利に導けるか。

 もしコマンドラインが勝てば、ディープインパクト産駒にとって初の地方でのG1勝利となる。

 そのコマンドラインの最大のライバルになり得るのは、ハーツクライ産駒のノットゥルノ(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)か。

 デビューから6戦全てで武豊騎手が手綱を取ってきた金子真人オーナーの期待馬で、デビューから芝で2連敗を喫したが、3戦目のダート替わりで初勝利を挙げると1勝クラスも勝ち、2連勝を果たした。

 その後は、伏竜S(OP)でデリカダに競り負けてダート転向後初黒星を喫すると、巻き返しを誓った兵庫CS(G2)では、早めに抜け出したブリッツファングに8馬身差をつけられ2着に敗れた。

 前走は決定的な差をつけられたように見えるが、レース後の「大跳びで小回りは向きません」という武騎手のコメントから、広い大井競馬場に替わる今回は巻き返しに期待がかかる。

 金子オーナーと武騎手のコンビは05年にカネヒキリでJDDを勝利しているが、あの時もデビューから2戦は芝で勝ち上がれず、ダート路線に転向してからの進撃だった。17年前の再現は果たしてあるか。

【ジャパンダートダービー(G1)展望】「芝の刺客」コマンドラインVS「ダート連対率100%」武豊ノットゥルノ!池添謙一絶賛ブリッツファング、無傷ハピなど好メンバー揃うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合