NEW

JRAディープインパクト、ナリタブライアン、オルフェーヴルに「続けなかった」“愚弟”たち。オンファイア、ビワタケヒデ、リヤンドファミユ…偉大な兄の背を追いかけた弟たちの記憶

JRAディープインパクト、ナリタブライアン、オルフェーヴルに「続けなかった」愚弟たち。オンファイア、ビワタケヒデ、リヤンドファミユ…偉大な兄の背を追いかけた弟たちの記憶の画像1
撮影:Ruriko.I

 10日、小倉競馬場で行われた2R・3歳未勝利を1番人気のサンセットクラウド(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が勝利。史上3頭目の無敗三冠を成し遂げたコントレイルの全弟が、デビュー9戦目で待望の初勝利を挙げた。

 2歳の時にはマイラーと評され、3歳の菊花賞(G1)ではクビ差まで追い詰められるなど、常に距離との闘いを強いられていた兄のコントレイル。しかし、その弟が挙げた初勝利は意外にも芝2600mという長丁場だった。キャリア最長となる2400mに挑戦した前走で2着に好走し、今回もスタミナ勝負を押し切った印象だ。

 超良血馬による待望の初勝利とあって、3000mで行われる秋の菊花賞を含め、ネット上のファンからはSNSなどで早くも将来に期待するコメントが飛び交っている。だが、川田将雅騎手が「何とか勝ち上がってくれました」と話した通り、レースはアタマ差の辛勝。現状は長い目で見守った方がいいのかもしれない。

 それでも「三冠馬の兄弟」というプレッシャーを背負っての1勝には、他の馬にはない感慨深さがある。そこで今回はサンセットクラウドのように、三冠馬を全兄弟に持った弟たちを紹介したい。

 

リヤンドファミユ(池江泰寿厩舎)

 一瞬、ついに日本競馬の悲願を達成したかとさえ思えた全兄オルフェーヴルの凱旋門賞(G1)での走りは、日本中の競馬ファンを熱狂させた。次走のジャパンC(G1)では不利もあって、牝馬三冠馬ジェンティルドンナにまさかの敗戦を喫したが、その2週後にデビューを迎えたのが、リヤンドファミユである。

 三冠馬の全弟、さらには同じく全兄にはG1を3勝したドリームジャーニーもいる超良血馬。川田騎手の鞍上で迎えたデビュー戦は、単勝1.6倍に支持された。

 しかし、結果はハナ差の2着。普通の馬なら上々のデビュー戦と言えるが、この時点で偉大な兄の背中が大きく遠ざかったことはやむを得ないか。次走から兄の主戦・池添謙一騎手とのコンビを結成し、未勝利→若駒S(OP)を連勝。期待の高さもあって一躍クラシック候補に名を連ねたが、骨折のアクシデントに見舞われて約1年の休養を余儀なくされる。その後も自己条件を勝ち上がって、重賞にも挑戦するなど息の長い活躍を見せた。

 リヤンドファミユが再び注目を集めたのは、引退後だった。サラブレッドオークションで馬主グループに引き取られ、種牡馬入りに向けたクラウドファンディングが発足。残念ながら目標額には到達しなかったものの、アロースタッドで種牡馬入りすることに成功した。兄の背中は最後まで遠かったが、偉大過ぎた兄と比較されながらも多くのファンに愛された1頭と言えるだろう。

 

オンファイア(藤沢和雄厩舎)

 オンファイアがデビュー戦を迎えた2005年10月16日、競馬界は……いや、世間は全兄ディープインパクトのフィーバーに揺れていた。競馬の第一人者・武豊騎手を背にデビューから怒涛の6連勝。伝説の皇帝シンボリルドルフに続く史上2頭目の無敗の三冠馬誕生へ、最終関門となる菊花賞が1週間後に迫っていたのだ。

 そんな、まさにお祭り騒ぎの中でデビュー戦を迎えたオンファイアだったが、実は関係者のトーンはそこまで高いわけではなかった。それは秋華賞(G1)当日の裏開催ということもあって、鞍上に大物ジョッキーではなく、厩舎所属の北村宏司騎手を配したことから伝わるかもしれない。

 それでも単勝1.4倍に支持されたオンファイアは、兄のように後方から上がり3ハロン最速の末脚で追い上げたものの3着。こちらも普通の馬なら上々の結果だが、やはり一部のファンからは厳しい目で見られてしまった。

 その後、未勝利戦を単勝1.2倍に応えて3馬身差で完勝。横山典弘騎手を迎えた東京スポーツ杯2歳S(当時G3)では、2番人気の支持を集めたが3着に敗れている。

 ただし、前を走っていたのは後の2歳王者フサイチリシャールと、翌年のクラシックで二冠を達成するメイショウサムソン。オンファイア自身、兄のような主役ではなくとも十分にクラシック出走を狙える素質馬だっただけに、後日になって判明した右前脚の屈腱炎が返す返すも痛かった。

 そのまま引退となったオンファイアは血統を買われて種牡馬入り。やはり偉大な兄の背は遠かったが、それでも産駒のウキヨノカゼが重賞を3勝するなど、良血馬の片鱗を見せている。

JRAディープインパクト、ナリタブライアン、オルフェーヴルに「続けなかった」“愚弟”たち。オンファイア、ビワタケヒデ、リヤンドファミユ…偉大な兄の背を追いかけた弟たちの記憶のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合