NEW

JRAラッキーライラック全弟「見せ場なし」の惨敗デビュー…期待の良血が来春へ向けて厳しすぎる船出も、わずかに覗かせた「能力の片鱗」

【この記事のキーワード】, ,
JRAラッキーライラック全弟「見せ場なし」の惨敗デビュー…期待の良血が来春へ向けて厳しすぎる船出も、わずかに覗かせた「能力の片鱗」の画像1
松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

 10日、小倉競馬場で行われた5Rの2歳新馬は、1番人気のラヴェルが後方外目から差し切る強い競馬で優勝。今年の桜花賞(G1)で1番人気に推されたナミュールの妹が、来春の牝馬クラシック戦線へ名乗りを上げた。

 騎乗した岩田望来騎手はレース後、「いい競馬をしてくれた。抜け出す脚も速かったし、まだ余力もありました」と同馬の素質を高く評価。今後は管理する矢作芳人厩舎がどのようなレース選びをするかにも注目したい。

 一方で、まさかの9着に敗れたのが3番人気のシリンガバルガリス(牡2歳、栗東・松永幹夫厩舎)と松山弘平騎手のコンビだ。

 オルフェーヴル産駒の同馬は、エリザベス女王杯(G1)を連覇するなどG1・4勝を挙げた名牝ラッキーライラックの全弟。一口馬主クラブのサンデーレーシングにおいて総額7000万円(175万円×40口)で募集された期待の良血馬である。

 6月上旬に栗東へ入厩してからは順調に追い切りを消化。管理する松永幹師は「跳びの大きな走りや雰囲気などは姉と似ている。どんな競馬をしてくれるか楽しみ」と期待のコメントを残していたことから、その走りに大いに注目が集まっていた。

「見せ場なし」の惨敗デビュー…

 芝1800mに12頭が顔を揃えた一戦。シリンガバルガリスは4枠4番からモッサリとしたスタートを切って2馬身ほど立ち遅れると、行き脚もまったく付かず、すぐに最後方まで下がることに。

 1コーナー手前で早くも馬群から引き離されると、向正面でも1頭ポツンと大きく離れたシンガリを追走する。鞍上の松山騎手が必死になって手綱を扱いているのだが、馬がなかなか前へ進んで行こうとしないようだ。

 3、4コーナー中間で左ステッキが入るとようやく目が覚めたのか、前との差を徐々に詰め始める。最終コーナーをロスなく回って馬群には追いついたものの、最後の直線では3頭を交わすのが精一杯だった。

「非常に厳しい船出となってしまいました。父オルフェーヴルの気性的な難しさが顕著に表れてしまった印象です。デビュー前から大いに注目を集めた血統馬でしたが、これは時間がかかってしまうかもしれません」(競馬誌ライター)

 1頭だけ、ほとんど競馬に参加できなかったような内容には、SNSやネットの掲示板などにも「1000m通過62秒台を追走できないとは」「馬がレースを全然理解してない」「1勝すら厳しそう」など、厳しいコメントが多く寄せられている。

JRAラッキーライラック全弟「見せ場なし」の惨敗デビュー…期待の良血が来春へ向けて厳しすぎる船出も、わずかに覗かせた「能力の片鱗」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合