NEW

パチスロ「オリンピア初の大量リーチ目搭載マシン」~4号機名機伝説~ 『プレイガールクイーンⅡ』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.99】

パチスロ「オリンピア初の大量リーチ目搭載マシン」~4号機名機伝説~ 『プレイガールクイーンⅡ』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.99】の画像1


 2号機時代、『バニーガール』、『スーパーバニーガール』の2機種を立て続けに大ヒットさせ、大手メーカーの仲間入りを果たしたオリンピア。

 1994年初頭にリリースした4号機第1弾『プレイガールV』は、同社初となるシングルボーナスの集中役を搭載したA‐C機として登場し、話題と注目を集めた。

 ところが、ごくごく限られたエリアだったが、「どこかの悪い人たち」によってカスタマイズされた裏バージョンが出現。その中には、体感器を使った狙い打ち攻略が効くものもあり、プロ・アマを問わず「効く台」を探して奔走する者が続出する。

 そんな風に『プレイガールV』が本来のものとは異なるバージョンと攻略法で世間を騒がせていた同年秋に登場したのが、後継となるシリーズ第2弾『プレイガールクイーンⅡ』である。

『プレイガールクイーンⅡ』

パチスロ「オリンピア初の大量リーチ目搭載マシン」~4号機名機伝説~ 『プレイガールクイーンⅡ』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.99】の画像2 ロココ調の流麗なパネルデザインが美しい本作、仕様は前作と同様に集中役を搭載したA‐Cタイプ。前作には無かったREGが搭載されているのが特徴だ。

 スペックは、全設定を通して非常に高い数値が奢られたビッグをメインとした確率配分。集中役は全設定共通の4096分の1と低く抑えられており、「ビッグ偏向型のAタイプにオマケとして集中役が付いた」といったところだろうか。パチスロ「オリンピア初の大量リーチ目搭載マシン」~4号機名機伝説~ 『プレイガールクイーンⅡ』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.99】の画像3
パチスロ「オリンピア初の大量リーチ目搭載マシン」~4号機名機伝説~ 『プレイガールクイーンⅡ』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.99】の画像4 実際のホールでの挙動を見てみると、最高設定6と思われるものでは随所で高確率ならではの速攻連打が頻発しているものの、均してみると50ゲーム以内のボーナス発生率は21%と、基本的に波は穏やか。

 集中役についても、パンク確率が82分の1から90分の1と非常に高く設定されているため、長打による大量獲得は夢のまた夢であった。

 技術介入要素については、ビッグ中のリプレイハズシが効果的。10枚役メインだが、当時のパチスロ必勝ガイドの検証では、テキトーに消化するのと比べて30枚もの獲得枚数上乗せが期待できた。

パチスロ「オリンピア初の大量リーチ目搭載マシン」~4号機名機伝説~ 『プレイガールクイーンⅡ』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.99】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合