NEW

JRA武豊「手応えがありませんでした」期待の大本命がよもやの最下位、ドウデュース不在の秋…「菊花賞空いているよね?」陣営の青写真に暗雲漂う

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊「手応えがありませんでした」期待の大本命がよもやの最下位、ドウデュース不在の秋…「菊花賞空いているよね?」陣営の青写真に暗雲漂うの画像1
武豊騎手

 秋の大舞台を目論んでいた陣営に厳しい現実が突き付けられた……。

 10日、函館競馬場で行われた10Rの横津岳特別(2勝クラス)は丹内祐次騎手の9番人気アスティが優勝。上位人気に推された若駒たちを相手に、6歳馬が貫録の差し切り勝ちを決めた。

期待の大本命がよもやの最下位…

 その一方で、大本命と目されていた武豊騎手のフィデル(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は、まさかの最下位。ハイレベルと評される3歳世代の重賞で好走していた実績の持ち主。前走の奥尻特別(1勝クラス)でも他馬に力の差を見せつけて快勝しており、2勝クラスでも昇級の壁はないとファンが考えたのも無理はない。

 この日のフィデルは何かが違っていた。

 13頭立ての芝2600mのレース。好スタートを決めて4番手を追走する。1000m通過63秒3のスローで流れた展開的にも絶好のポジション。武豊騎手も後は直線で抜け出すだけのはずだった。

 しかし、さあここからというところで目を疑うような光景が繰り広げられた。勝負どころとなる最終コーナーを迎えても、フィデルの反応が思いのほかよくないのだ。叱咤激励する鞍上のアクションに反し、そのまま伸びることなくズルズルと後退。あろうことか屈辱的なシンガリ負けを喫したのである。

「前半リキんでいました。途中から折り合って走ったのですが、3コーナーで手応えがありませんでした。1周半走るコースは合わないのかもしれません」

 レースをそう振り返った武豊騎手だが、不可解な敗戦だっただけにさすがに歯切れが悪い。前走から600mの距離延長となったものの、それだけが敗因とは言い切れないほどの惨敗。もしかしたら道中で何かアクシデントでもあったのではないかと勘繰りたくもなるが、ただ現時点ではこれといって情報も出ていない。

 ハッキリしているのは見せ場なく敗れたという現実だけだ。

「うーん、どうしちゃったんでしょうか。デビュー以来掲示板を外すこともなかった馬でしたし、ここまでの大崩れは驚きでした。距離の問題だったのか、それとも気性的な難しさを見せたのか……。これといった敗因も分からないため、次走を見てみないことには何とも言えませんね」(競馬誌ライター)

JRA武豊「手応えがありませんでした」期待の大本命がよもやの最下位、ドウデュース不在の秋…「菊花賞空いているよね?」陣営の青写真に暗雲漂うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合