NEW

パチンコ軽いのに「一撃21箱」の大連チャン!!

【この記事のキーワード】,

パチンコ軽いのに「一撃21箱」の大連チャン!!の画像1

連チャン率50%の変則権利モノパチンコ!? 

 今回は久しぶりに、レトロ台の宝庫である『ゲームセンタータンポポ』に設置している過去の名機を紹介します。

 私が好んで打っている機種のほとんどが、基本的にデジパチもしくはデジタルな権利モノで「連チャン性」のあるものばかりです。以前にも書いているかもしれませんが、連チャン機はTVゲームの「裏ワザ」に似ています。

 私は「ファミコン」のゲームソフトで、色々な隠しアイテムなどを発見する「裏ワザ」に魅力を感じていました。パチンコでも連チャン打法が攻略雑誌に掲載された時には「裏ワザ」の発見と似ていたので、すんなりと受け入れることができたのです。

 今回の機種は、実際に打ったことが無かった変則権利モノです。1993(平成5)年に登場した『バニーズⅡ』(三共)です。「裏ワザ」みたいに連チャンを狙える機種でしょうか。

 大当り確率は300分の1、小当たり確率も300分の1、合成確率は150分の1です。大当りは「33」か「77」で16ラウンド(約2,000発)、小当たりは「37」か73」で1ラウンド(約120発)です。

一撃で6箱(約18,000発)を得ることも

 初回大当りで以後2回当たるまで確変(3回権利)、初回小当たりは1回権利のみです。確変中の確率は合成確率で3分の1です。変則権利モノの中で合成確率150分の1ならば、ライトミドル機に匹敵します。

 しかし、これで終わりではないのでした。大当り終了後に、数珠連チャンが控えていたのです。

 数珠連チャンは、いわゆる「天国モード」に突入する可能性がありました。天国モードの連チャン率は50パーセントとかなり期待できたものでした。天国モード時の確率は合成確率で6分の1、転落率も6分の1だったのです。

パチンコ軽いのに「一撃21箱」の大連チャン!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合