NEW

パチスロ「伝説の裏モノ店」で体験したクレイジーすぎる出来事…

【この記事のキーワード】,

パチスロ「伝説の裏モノ店」で体験したクレイジーすぎる出来事…の画像1

うら若き乙女が、何も知らずに裏モノ専門店に行ってしまった話

 その昔、何も知らずに裏モノのスロット専門店に行ってしまったことがある松戸檸檬です。どうもこんにちは。裏モノと言っても、みなさんが想像する、行けばお縄になる方のスロットのお店ではなく、表向きには普通のスロ専で設置しているスロットが「全て裏モノ」だったというお話。

 ちなみに裏モノというのは「違法に改造し、当たると信じられないぐらい連チャンする仕様」になっていて、当たりもすごけりゃ、ハマリもすごく、裏返ったという所から裏モノって言われていた記憶があります。違っていたらごめんなさい。

 当時、何も知らずに「あ、オシャレなホールがある。寄ってみよう」と軽い気持ちで打ちに行ったホールがゴリゴリの裏モノスロ専で、業界でも有名な所だったらしい。他県だったし、スロットには疎い私はしばらく打っておかしいぞと気づいたんだよね。その時の日記を先日見つけたので、読んでみたら、ぶわーっと記憶が蘇ってきた。せっかくなので、当時の日記を引用しよう。

パチスロ「伝説の裏モノ店」で体験したクレイジーすぎる出来事…の画像2
携帯の画質が悪いけど、雰囲気は伝わるでしょ?

「この外観を見てほしい。これが、ホールと言えるのだろうか。カウンター近くには、センスのいいブランド品が置かれ、中央には牛の角を模ったようなオブジェ、そしてワインセラーのような置物。ホール内にあるカフェはバーのようなカウンターがあり、とてもじゃないがスロット専門店には見えない造りなのだ」。

 編集者だったので、ホール広告に添えるような文章になっているのが我ながら面白い。そうそう、外観が高級車の販売店のようでスタイリッシュで、ここってパチンコ屋!? と二度見しちゃうぐらいだったのだ。

 景品カウンターも雑多な雰囲気は一切なくて、洗練されたブランドアイテムしか置いていないのも驚いた。当時はパチ屋の景品のブランド物って、「本物ですか? 」と聞きたくなるような人気ブランドの財布とかしか置いてなかったんだよね。店内にはカフェも併設されており、バーカウンターがあって、どうやらお酒も提供しているようだった。(ホールでの飲酒は禁止)

「ホール内に足を運ぶと、シマとシマの間に階段があり、これまた変わった造りになっている。照明はものすごく暗く、大きなスクリーンにはミュージックビデオが流され、まるでクラブのような雰囲気。店員の制服もバーテンみたいな恰好で独特の世界観」。

パチスロ「伝説の裏モノ店」で体験したクレイジーすぎる出来事…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合