NEW

JRA 川田将雅の悲願に「審議」のランプが点灯、天敵C.ルメールが不在でも…独走中のリーディングに迫る陥落の足音

【この記事のキーワード】, ,
JRA 川田将雅の悲願に「審議」のランプが点灯、天敵C.ルメールが不在でも…独走中のリーディングに迫る陥落の足音の画像1
川田将雅騎手

「結果としてルメールさんに負けてしまいましたので、とても情けなく思っています」

 時は遡ること2019年度の『JRA賞授賞式』で、そう語ったのは川田将雅騎手だ。

 当時、上半期の6月終了時点で79勝を挙げ、全国リーディングではトップを独走。63勝で2位のC.ルメール騎手に大きな差をつけており、キャリア16年目にして悲願のリーディング獲得も現実味を帯びていた。

 ところが、最終的にリーディングジョッキーとなったのはルメール騎手。同騎手が164勝を挙げたのに対し、川田騎手は152勝と大逆転を許してしまったのである。ファンの多くがセーフティリードと感じていた勝利数の差だっただけに、川田騎手のコメントからも人一倍の悔しさが垣間見えた。

 あれから2年の時が流れた今年。悪夢を味わった川田騎手のリベンジがついに実現しそうな雰囲気である。

 今度こそと言わんばかりに、7月10日終了時点で83勝とトップを独走している川田騎手。ルメール騎手が2017年から昨年まで5年連続リーディングを獲得する陰で、自身は2019年から3年連続の2位と牙城を崩せないままでいたが、再び打倒ルメールの大きなチャンスが近づいてきた。

 川田騎手にとっては幸いなことに天敵ともいえるルメール騎手がリーディング4位にとどまる不調。昨年の同時期に103勝を挙げていたことを考えると、現在の63勝という結果は願ってもない追い風となっている。

 また、母国に帰国中のルメール騎手は6月27日~8月8日まで日本に不在。しかも例年より期間が長いことからも、川田騎手にとっては差を広げる絶好のチャンス到来といえるだろう。すでに一部ファンの間では、リーディング「当確」ではないかとの声も上がり始めた。

川田将雅の悲願に「審議」のランプが点灯

JRA 川田将雅の悲願に「審議」のランプが点灯、天敵C.ルメールが不在でも…独走中のリーディングに迫る陥落の足音の画像2
横山武史騎手

 最大のライバルからまたとない「ハンデ」をもらったこともあって、今度こそ“確定”かと思いきや、“審議”のランプを点灯させたのが、2位につけている横山武史騎手だ。

 現在の勝利数はトップに12勝差と迫る71勝。昨年の同時期(43勝)に比べると凄まじい勢い。川田騎手の背後から聞こえる足音は徐々に大きくなりつつある。

 春の主役を期待された横山武騎手の上半期のG1は、決して華々しい活躍だったとは言い難い。高松宮記念(G1)でレシステンシア、大阪杯(G1)でエフフォーリア、桜花賞(G1)でナミュール、皐月賞(G1)でキラーアビリティと多くの有力馬を任されたものの結果を出せず。上半期はG1未勝利というまさかの結果に終わっていたのだから……。

 しかし、ファンの注目が集まった大舞台で結果を残せなかったものの、実は平場のレースではコツコツと勝ち星を積み重ねていた。

JRA 川田将雅の悲願に「審議」のランプが点灯、天敵C.ルメールが不在でも…独走中のリーディングに迫る陥落の足音のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合