NEW

パチンコ「パチンコ好きのバンドメンバーに誘われて、まさかの大勝ち──平成元年春の、人生を変えた出来事」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.005】

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「パチンコ好きのバンドメンバーに誘われて、まさかの大勝ち──平成元年春の、人生を変えた出来事」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.005】の画像1

 激動の昭和が幕を下ろし、平成という新たな時代が始まって数ヶ月。季節は春を迎えようとしていた。

 時代は変わっても、自分自身のライフスタイルは、相も変わらず。大阪を拠点にしたバンド活動。それが、生活の主軸だった。

 変化といえば、前年の夏。2年半ほど在籍していたバンド「W」を辞め、新たに結成された「R」というバンドに移籍した。

 古典的な正統派ヘヴィメタルバンドだった前者に対し後者は、無骨で荒々しいサウンドとパフォーマンスを身上とする、いわゆるバッドボーイズ・ロックンロールバンドだった。

 音楽性もコンセプトも完全に真逆。周りからは、「…え? なんでなん?」と驚かれたりもしたが、なんていうんだろう。緻密な音楽を生真面目にやってるのに疲れたというか、飽きたというか。ちょっと、変化とか刺激みたいなものを求めていたのかもしれない。

 ところで、「R」のメンバーは皆、大阪のヤンチャな下町育ちで、リーダーでボーカリストのジローを筆頭に揃いも揃って大のパチンコ好き。スタジオでの練習が終わると、いつもきまって「ほな、一勝負に行こか」と誘われた。

 懐に余裕もなければ、そもそもパチンコにも興味がない。そんな自分は、いつもテキトーな言い訳をして、のらりくらりと誘いから逃れていた。

 そんなある日のことだった。活動開始からわずか半年あまりでオリジナルのドラマーが脱退することとなり、後任のタクさんとの顔合わせを兼ねたミーティングが行われた。

 タクさんは、メジャーデビュー経験もある当時の関西メタルシーンでは、ちょっと…というか、かなり名の知れた2つ上の先輩。「ナニワのコージー・パウエル」と崇められていた、超絶パワフルドラマーだった。

 とにかくドラマーとしては凄い人だったのだが、普段は物腰も柔らかく、年下で格下な我々にもけして先輩風を吹かすことはなく、ミーティングが始終和やかムードで進んだ。

「どや。たまには、付き合えや。終わったら、メシでも奢ったるから」

 終了後、ジローはいつものように誘ってきた。いつもなら、「ごめん、約束があるねん」とか言って、断る場面である。

 が、その日はどうしたことだろう。「しゃあないな。ちょっとだけやで」と、付き合うことになった。

パチンコ「パチンコ好きのバンドメンバーに誘われて、まさかの大勝ち──平成元年春の、人生を変えた出来事」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.005】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合