NEW

エピファネイア産駒の怪物2頭がジャパンCで激突か!?

エピファネイア産駒の怪物2頭がジャパンCで激突か!?の画像1
デアリングタクト 撮影:Ruriko.I

怪物2頭がジャパンCで激突か!? 

 20年に無敗での牝馬3冠を達成したデアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が今秋のジャパンC(G1)への出走を視野に入れていることが分かった。始動戦となるオールカマー(G2)の結果を踏まえた上で、ジャパンCかエリザベス女王杯(G1)のどちらに向かうかを判断する方針のようだ。

 少々気が早いかもしれないが、仮にデアリングタクトがジャパンCに出走するとなれば2020年以来2年ぶり2回目。前回のジャパンCは当年の牡牝無敗3冠馬であるコントレイル・デアリングタクトと女帝アーモンドアイが相まみえた歴史的な一戦であった。

 結果は貫禄の違いを見せつけたアーモンドアイが勝利して9冠目を達成し、翌年にはコントレイルが有終の美を飾ったジャパンC。3強を形成したライバルたちが勝利した舞台で、大怪我を乗り越えたデアリングタクトが“完全復活”を遂げる…ファンとしてはそんなドラマティックな展開を期待したいところである。

エピファネイア産駒の怪物2頭がジャパンCで激突か!?の画像2
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 また、今年のジャパンCの舞台で“完全復活”を期すのはデアリングタクトだけではない。同じくエピファネイア産駒であるエフフォーリア(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)にもジャパンC出走の可能性が浮上している。

 エフフォーリアは昨年の皐月賞(G1)、天皇賞・秋(G1)、有馬記念(G1)とビッグタイトルを3つ獲得、現役最強と呼ぶに相応しい活躍ぶりであった。しかし一転して今年の春は成績が低迷、大阪杯(G1)、宝塚記念(G1)では共に期待を裏切る結果に終わってしまった。

 エフフォーリアは昨年と同様に天皇賞・秋から始動し、その後は状態を見てジャパンCや有馬記念を視野に入れていくとのこと。今後のローテーションは流動的だが仮にジャパンCに出走することとなれば、デアリングタクトと完全復活を期して激突することとなるかもしれない。

 2頭の父であるエピファネイアは3歳時に皐月賞、日本ダービー(G1)でそれぞれ2着、更に秋の菊花賞(G1)で勝利を挙げる素晴らしい活躍をみせたものの、翌年に古馬となってからは成績が低迷。3歳時の成績からすると物足りないシーズンを送っていた。

 しかし秋に迎えたジャパンCでは、これまでの不振が嘘かのように後続に4馬身差をつけ圧勝。この2014年のジャパンCはジャスタウェイ、ジェンティルドンナを筆頭にG1馬が12頭も名を連ねた超豪華メンバーでの1戦。そこでの圧勝劇はエピファネイアの完全復活と呼ぶに相応しいものであった。

 その産駒の2頭の怪物が、父と同じくジャパンCでの“完全復活”を期して激突する…このような展開となれば、今秋のジャパンCは大いに盛り上がるはず。

 また、今年のジャパンCに関しては上記の2頭以外にも多数の有力馬が参戦してくるかもしれない。

エピファネイア産駒の怪物2頭がジャパンCで激突か!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合