NEW

JRA菊花賞(G1)「覚醒」第二のタイトルホルダー出現!? ジオグリフ、ドウデュース不在も「頼りない」主役に大化けの予感

【この記事のキーワード】, ,
JRA菊花賞(G1)「覚醒」第二のタイトルホルダー出現!? ジオグリフ、ドウデュース不在も「頼りない」主役に大化けの予感の画像1
ジオグリフ

 14日、今年の皐月賞馬でジオグリフ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)が、10月の天皇賞・秋(G1)を目指すことがわかった。

 日本ダービー(G1)7着後に右前脚の骨折が判明したが、サンデーレーシングの吉田俊介代表によると、すでに放牧先のノーザンファーム天栄では調教を再開しており、問題がなければ府中の2000mで古馬初挑戦になるとのことだ。

 また、今春の牡馬クラシック二冠で共に2着だったイクイノックスも天皇賞・秋挑戦を表明しており、エフフォーリアら古馬陣との対決は大きな注目を集めることになりそうだ。

 その一方、低レベル化が懸念されているのが、牡馬クラシック最終章となる菊花賞(G1)だろう。

 すでにダービー馬のドウデュースがフランスの凱旋門賞(G1)挑戦を表明しており、これで春二冠の連対馬すべてが菊花賞へ出走しないことになる。また、両競走で共に4着だったダノンベルーガも陣営が早くから左回りへの適性を重視しており、右回りの菊花賞よりも、左回りの天皇賞・秋を選択する公算が高い。

JRA菊花賞(G1)「覚醒」第二のタイトルホルダー出現!? ジオグリフ、ドウデュース不在も「頼りない」主役に大化けの予感の画像2
アスクビクターモア

 そうなってくると皐月賞で5着、日本ダービーで3着だったアスクビクターモア(牡3歳、美浦・田村康仁厩舎)が実績最上位馬として、菊花賞で主役となる可能性が高そうだ。

 3月の弥生賞ディープインパクト記念(G2)でドウデュースを負かした実績のあるアスクビクターモア。だが、皐月賞では6番人気に留まり、日本ダービーでも7番人気に過ぎなかった。そういった事情もあってか、一部のファンの間では菊花賞で主役を張るには「なんとも頼りない」「この馬がG1を勝つところが想像できない」といったような声も聞こえてくる。

「頼りない」主役に大化けの予感

 ただ、そんな不安説をよそにアスクビクターモアは「大化け」の可能性を秘めているという。

「今年のクラシック上位馬の中では、どちらかというと地味な印象のあるアスクビクターモアですが、陣営の評価は非常に高いですよ。皐月賞で5着に敗れて迎えた日本ダービーは7番人気の低評価でしたが、田村調教師は『皐月賞を負けてから(上位)4頭を負かすことをずっと考えていた』と本気で逆転を狙っていましたし、走破時計の2:22.2は従来のレコードよりも速い時計。レース後には『例年なら勝っていた』と悔しそうでしたね。

また、今年からコンビを組むことになった田辺裕信騎手ですが、4戦乗って相当手の内に入れているそうです。もともと折り合いが難しい馬でしたが、日本ダービーでは田村調教師も『本当に上手く乗ってくれた』と絶賛していました。秋はセントライト記念(G2)からの始動で、まだ正式に菊花賞に向かうことは発表されていませんが、今なら3000mも上手に走れるんじゃないでしょうか」(競馬記者)

 記者曰く、アスクビクターモアの置かれた今の状況が、昨年の「あの馬」に似ているという。

JRA菊花賞(G1)「覚醒」第二のタイトルホルダー出現!? ジオグリフ、ドウデュース不在も「頼りない」主役に大化けの予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合