NEW

【パチスロ実戦】ボーナス連発でエンディング確実と思ったが…

【この記事のキーワード】,

【パチスロ実戦】ボーナス連発でエンディング確実と思ったが…の画像1

 パチスロ分野において上々の反響を得ている「萌え台」。萌え台しか導入していなかったり、キャラクターの誕生日に合わせて設定を入れたりするホールも存在する。

 今回は、そんな萌え台の中でも歴史がある『ツインエンジェル』シリーズとの実戦を紹介したい。

■『パチスロ ツインエンジェルPARTY』で実戦開始!

【パチスロ実戦】ボーナス連発でエンディング確実と思ったが…の画像2 この日もいつものホールへと向かい、既に300ゲームほど回されていた『パチスロ ツインエンジェルPARTY』に着席。555G+α消化で天井に到達してATに突入するため、期待値としては十分である。

 通常時は、ボーナスもしくはCZである「アトラクションゾーン」からATを目指すゲーム性。何度かアトラクションゾーンへと突入したが、期待度が約37%(設定1)しかないため、なかなか突破することができない。結局、天井へと到達しATが確定した。

 本機は2段階ATとなっており、本来であれば「エンジェルチャンス」でボーナスもしくはチャンスチェリーを引くことでメインATの「デートタイム」に突入する。しかし、天井に到達した場合、最初からデートタイムに直行するのだ。そのため、CZでで何度も突破できなかったのも結果オーライである。

■AT中はボーナスを連発!

 メインATであるデートタイムは、純増2枚の差枚数タイプ。好きなキャラクターを選んで好感度を上げていくことで、セットを継続させて出玉を伸ばすゲーム性だ。

 ゲームフローとしては『パチスロガールフレンド(仮)~聖櫻学園メモリアル~』と非常に似ている。

【パチスロ実戦】ボーナス連発でエンディング確実と思ったが…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合