NEW

JRA天皇賞・秋(G1)「超ハイレベル」3歳ジオグリフ&イクイノックスVS古馬エフフォーリア&ジャックドール! 頂上決戦に「あの馬」も参戦か

【この記事のキーワード】, ,
JRA天皇賞・秋(G1)「超ハイレベル」3歳ジオグリフ&イクイノックスVS古馬エフフォーリア&ジャックドール! 頂上決戦に「あの馬」も参戦かの画像1
ジオグリフ

 14日、今春の皐月賞(G1)を制したジオグリフ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)が、10月30日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(G1)を目指していることがわかった。

 昨夏の札幌2歳S(G3)で、後の京都新聞杯(G2)の勝ち馬アスクワイルドモアを破って重賞初制覇。朝日杯フューチュリティS(G1)、共同通信杯(G3)と敗戦を重ねたが、福永祐一騎手と新コンビを結成した皐月賞を制し、一躍世代の中心に躍り出た。

 だが、二冠の権利を持って挑んだ日本ダービーでは、最後の直線で伸びきれずに7着。レース後、福永騎手が「距離は道中のロスがなければこなせると思う」と語っていた通り、2400mは若干長かった印象。皐月賞を制した2000mになれば、能力全開が期待できるはずだ。

 また、同厩で皐月賞・日本ダービー(G1)で共に2着だったイクイノックス(牡3歳)も天皇賞・秋へ向かうことがすでに発表されており、3歳牡馬の大物2頭が古馬に挑むことになる。

 昨秋の東京スポーツ杯2歳S(G2)を上がり3ハロン32.9秒という異次元の末脚で完勝。朝日杯FSを勝ったドウデュース、ホープフルS(G1)を勝ったキラーアビリティら2歳王者を差し置いて世代No.1の評価を集めていた。

 しかし、勝てば歴代最長となる休み明けで挑んだ皐月賞では、ゴール前で一度は抜け出したもののジオグリフの強襲に遭って2着。万全を期した日本ダービーでも、上がり最速の末脚を繰り出したが、ドウデュースを捉えることができなかった。

 だがレース後、主戦のC.ルメール騎手が「18番枠もあった」と嘆いた通り、春二冠は共に大外枠からのスタートと運にも見放された。実力は誰もが認めているだけに、古馬を相手に春の鬱憤を晴らしたいところだ。

JRA天皇賞・秋(G1)「超ハイレベル」3歳ジオグリフ&イクイノックスVS古馬エフフォーリア&ジャックドール! 頂上決戦に「あの馬」も参戦かの画像2
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 3歳2強の参戦が注目される今年の天皇賞・秋だが、迎え撃つ古馬の大将格エフフォーリア(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)にとっては、絶対に負けられない一戦だ。

 昨年は皐月賞、天皇賞・秋、有馬記念(G1)を制して年度代表馬にも輝いたエフフォーリア。グランアレグリアやクロノジェネシス、ラヴズオンリーユーなど多くの名馬が引退して迎えた今シーズンだけに、断然の主役だったことは間違いないだろう。

 しかし、始動戦として迎えた大阪杯(G1)では、中団やや後方から伸びを欠いて、まさかの9着。単勝1.5倍という圧倒的な支持を裏切ってしまうと共に、キャリア初の惨敗を喫してしまった。さらに続く宝塚記念(G1)でも、同じように本来の力を発揮できずに6着。ファン投票でも同期の菊花賞馬タイトルホルダーに後れを取るなど、完全に主役の座を奪われてしまった印象だ。

 春の敗因を挙げるなら、有馬記念後に一頓挫あって調整が遅れたことが大きい。陣営も懸命な調整を行ったが、主戦の横山武史騎手からは景気のいいコメントは聞かれなかった。また、キャリア初となった関西圏への輸送も微妙に調子を狂わせたのかもしれない。

 その点、十分な間隔のある今回の天皇賞・秋は実績のある関東のレースであり、昨年コントレイルやグランアレグリアを破った舞台。巻き返しの大きなチャンスであると同時に、エフフォーリアにとっては本当に言い訳の利かない一戦だ。現役最強馬は終わったのか、それとも――。秋は本当に負けられない戦いになる。

JRA天皇賞・秋(G1)「超ハイレベル」3歳ジオグリフ&イクイノックスVS古馬エフフォーリア&ジャックドール! 頂上決戦に「あの馬」も参戦かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合