NEW

パチンコ「爆連」後にお金を配り始めたおばあちゃん…そのワケは?

【この記事のキーワード】,

パチンコ「爆連」後にお金を配り始めたおばあちゃん…そのワケは?の画像1

ホールでおばあちゃんに打つ台を教えたら、お小遣いを貰った話

 実は、昔からずーっと海を打っている松戸檸檬です。どうもこんにちは。今でこそ、海のシマには若者もいるけれど、昔は年配かパチプロで埋め尽くされていた。なぜ、プロが海を好んだかというと、ホールの看板機種が海だったので大切に扱っていたし、演出の時間も短いので時間効率が良かったのだ。

 私はプロでもなかったけれど最初に打った機種だったため、海ばかりを打っていた。そう、食べ物でもハマるとずーっと食べ続けているタイプなのだ。

 年配ユーザーで埋め尽くされた海のシマは色んな人がいて面白かった。しばらく通うといつの間にか常連の輪の中に入って、顔見知りの人も増えた。名前は知らないのに、なぜか家庭の事情を相談されたり、まぁまぁディープな話も聞いたりした。素性が分からないからこそ話せたんだろう。

 私がホールに一番足を運んでいたのは、学生の頃。お財布と携帯を持って、折り畳み自転車に乗ってせっせとホールに通っていた。当時付き合っていた彼氏は営業マンだったので、平日の時間がある時はたまに私の打っているホールに顔を出した。その彼氏はデータを見て台の波を読むタイプで、パチンコにそこまで詳しくなかった私は、彼が言う台をひたすら打っていた。そして、たまたま出していた。

 通っていたホールでも、あの彼が選ぶ台(私が打っている台)は爆発するというイメージが定着し、彼が打っていた後を狙う人もいたほど。ただの偶然でも、重なると真実味が帯びてくる。

 ある時、投資がかさむおばあさんが、どの台を打てばいいか聞いてきた。彼は「保証は出来ない」と断るも、「それでもいいから」とお願いされると、彼は打つ手を止め、適当に台のデータカウンターをポチポチと押して、回転数を見て、「これがいいね」とオススメ台を教えた。 「えー本当に当るの? 当らなかったらおばあさんが可哀想だよ」と彼に言ったが、自信があるような笑みを浮かべていた。

 しばらくおばあさんの台を見守っていると、当ったようだった。しかも確変だ。ほっと胸を撫で下ろし、自分達の台に集中していると、おばあさんは10 数連チャンぐらいしたみたい。

パチンコ「爆連」後にお金を配り始めたおばあちゃん…そのワケは?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合