NEW

JRA「最強メンバー」集まる天皇賞・秋に残念なお知らせ、グランアレグリア陣営を悩ませた適距離問題と「ルメール不足」の既視感

JRA「最強メンバー」集まる天皇賞・秋に残念なお知らせ、グランアレグリア陣営を悩ませた適距離問題と「ルメール不足」の既視感の画像1
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 安田記念(G1)で2着したシュネルマイスター(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)は、秋のローテーションにスプリンターズS(G1)からマイルCS(G1)に向かうプランを視野に入れているようだ。14日、本馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが発表したことで分かった。

 秋の始動戦にスプリンターズSを選択してマイルCSに向かうケースは、2020年に両レースを連勝したグランアレグリアと同じ。近年の最強マイラー候補として名の挙がる女傑と比較するのはまだ早いが、2頭にはちょっとした共通点がある。

 それは、いずれもトップマイラーながら中距離にも対応できるだけの実力の持ち主ということだ。かつてグランアレグリアを管理していた藤沢和雄・元調教師も当時、スプリンターズSを快勝しながら、「短距離向きではない」と評していたことが、翌年の大阪杯(G1)や天皇賞・秋(G1)といった2000mのレースに挑戦した理由の一つともなった。

 そういう意味ではシュネルマイスターのスプリント参戦は、競馬ファンにとって少々“残念なお知らせ”となった感も否めない。大阪杯に使われるまでマイル戦までしか距離経験のなかったグランアレグリアに対し、シュネルマイスターは既に1800mの毎日王冠(G2)を快勝している実績がある。

JRA「最強メンバー」集まる天皇賞・秋に残念なお知らせ、グランアレグリア陣営を悩ませた適距離問題と「ルメール不足」の既視感の画像2
C.ルメール騎手

 当時、C.ルメール騎手がレース後に「仮に距離が2000mでもこなせそう」と振り返っていたことを考えれば、距離についても400mの短縮よりは200mの延長の方が現実的という見方も成立するだろう。何しろ同年の3月には弥生賞ディープインパクト記念(G2)で2000mを走ってタイトルホルダーの2着に入っているのだから尚更だ。

 ただでさえ、今年の天皇賞・秋(G1)は現役最強クラスのメンバーが集まるともいわれている。よもやの惨敗を続けた今春の巻き返しを期すエフフォーリアも絶対に負けられない舞台として挑んでくる。

 そしてダービー馬ドウデュースの姿はなくとも、皐月賞馬ジオグリフをはじめ、皐月賞とダービーで共に2着のイクイノックスなど、春のクラシックを賑わせた3歳牡馬が出走を表明したばかり。人気を集めたダノンベルーガにしても、距離の不安がある菊花賞(G1)ではなく共同通信杯(G3)を圧勝した中距離戦で左回りの東京を選択する可能性が高い。

 仮にシュネルマイスターが参戦すれば、強豪が激突するレースを期待するファンとしては、非常に楽しみなレースとなっただろう。

 とはいえ、それが実現しなかった背景にはグランアレグリアの時と同じく、ルメール騎手の存在が関係ないとはいえないかもしれない。

「グランアレグリアは、アーモンドアイと直接対決した安田記念で2馬身半という決定的な差をつけて圧勝していましたから、天皇賞・秋で2頭の再戦を望む声も少なくありませんでした。

ただ、現実には金星を挙げたはずの池添謙一騎手から主戦のルメール騎手に手綱が戻ったグランアレグリアがスプリンターズSを優勝。アーモンドアイもルメール騎手でしっかりと天皇賞・秋をモノにして次走のジャパンC(G1)で芝G1・9勝の偉業へと繋げました。

ネットの掲示板やSNSなどでは、一部のファンからは“使い分け”や“ルメール忖度”という声もありましたが、陣営からすれば勝算の高いレースに使うのもごく普通の戦略。実際、両馬とも勝利した訳ですから結果的にも大成功だったのではないでしょうか」(競馬記者)

JRA「最強メンバー」集まる天皇賞・秋に残念なお知らせ、グランアレグリア陣営を悩ませた適距離問題と「ルメール不足」の既視感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合