NEW

岩田康の「超有力馬」が謎の転厩!? コンビ解消の危機か

【この記事のキーワード】, , ,

岩田康の「超有力馬」が謎の転厩!? コンビ解消の危機かの画像1

 これまでに重賞5勝、2月のフェブラリーS(G1)でも2着に好走したテイエムサウスダンが転厩したことが判明。これまでは栗東・飯田雄三厩舎の所属であったが、今後は美浦・蛯名正義厩舎の所属となることが14日にJRAから発表された。

 テイエムサウスダンは前走のかしわ記念(G1)でも3着に好走しているように、近走の成績は良好。ダート戦線において一線級の実力を誇り、今まさに充実期を迎えている馬だけに、突然の転厩の報にはファンからも驚きの声が上がっている。

 この転厩の意図とはいったい何なのか…。考えられる要因としては、今後テイエムサウスダンが出走を見据えると思われるダートG1の番組表との関係が挙げられる。

今後使うレースを意識しての転厩?

 

 現在、ダートG1は中央・地方合わせても、そのほとんどが東日本での開催。マイルCS南部杯(G1)や今秋のJBCは盛岡、フェブラリーSは東京、かしわ記念と来年のJBCはそれぞれ船橋と大井が舞台となる。

 唯一西日本で行われるのが中京のチャンピオンズC(G1)であるが、1600mのフェブラリーSへの出走時にも距離不安が囁かれていたテイエムサウスダンにとって1800mは現状では守備範囲外。今後、長い距離で戦えるようになりチャンピオンズCを目指すことがあっても、中京への輸送距離は美浦・栗東で大きくは変わらない。

 これから先、長いスパンでダートのビッグレースを転戦していくことを考えれば、栗東よりも美浦を拠点にした方が輸送の面では有利であると言える。今回の転厩もテイエムサウスダンのキャリアを長い目で見たうえで、「G1戦線で活躍させたい」という関係者の思惑が伺える。

 また、これまでテイエムサウスダンを管理していた飯田雄師の定年引退が目前に迫っていることも、今回の転厩に関係しているかもしれない。

 今月末に69歳となる飯田雄師は、2024年2月をもって定年を迎えることとなる。一方で現在5歳であるテイエムサウスダンは2024年には7歳となるが、ダート戦線において7歳はまだまだ現役で戦える年齢。飯田雄師が定年を迎える2024年以降もテイエムサウスダンが現役を続けることを期待するならば、同師の引退に先駆けての転厩という運びとなっても不思議ではない。

 仮にこれらが今回の転厩の要因だとすれば、これは関係者からのテイエムサウスダンへの期待の表れともいえる。今後のキャリアを長い目で見据えた、ポジティブな転厩と捉えることができるだろう。

 だが今回の転厩が必ずしも、テイエムサウスダンにポジティブな影響をもたらすとは限らない。何よりも気がかりなのが、今後のレースにおける鞍上問題である。

岩田康の「超有力馬」が謎の転厩!? コンビ解消の危機かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合