NEW

絶体絶命から神回避!?ファインプレーに賞賛の声

【この記事のキーワード】, ,

絶体絶命から神回避!?ファインプレーに賞賛の声の画像1

 17日、函館競馬場で行われた7Rの1勝クラスは4番人気のメイショウホマレが優勝。前走は初の芝挑戦が裏目となるシンガリ負けを喫したが、初勝利を飾ったダートに戻して見事な変わり身をみせた。

 また、初めて同馬の手綱を取った鷲頭虎太騎手の迷いのない好騎乗も光った。

 レースでは好スタートを決めると、序盤から軽快に逃げて後続を突き放す。その勢いは最後まで止まることなく、2着に2馬身差をつける鮮やかな逃げ切り勝ち。生まれ故郷の北海道で見事な5勝目を挙げた。

 予定していた最後のレースを会心の騎乗で制した鷲頭騎手だが、実は午前中のレースではあわや大惨事の出来事に見舞われていた。

 それは2Rの3歳未勝利でのこと。騎乗したのは、単勝13番人気のリュウノイチモンジ(牡3、栗東・牧田和弥厩舎)だった。

 14頭立てのダート1700mで行われたレース。真ん中8番枠からスタートを決めると、鞍上が積極的に促して先行集団へ取りつく。しかし、その直後だった……。

「おっと、1頭バランスを崩して……」

 実況も思わず声をあげたように、1コーナー手前でリュウノイチモンジが突如躓いてしまう。鞍上の鷲頭騎手は右前方に大きくバランスを崩し、このまま落馬することも十分考えられた。

「しかし、立て直しました!」

 ところが、馬の首にしがみつくようにして必死に堪えていた鞍上は、そこから驚異のリカバリーをみせて再び態勢を整える。

 その後、鐙が外れながらもレースに復帰。残念ながら最後の直線ではすでに余力はなく最下位に終わったものの、無事に完走を果たしたのだから陣営にとってはホッと一息といったところだろう。

絶体絶命から神回避!?ファインプレーに賞賛の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合