NEW

“訳アリ”で福永祐一やC.ルメールらの名も? 大器ブラックブロッサム菊花賞(G1)へ大きく前進も浮上する鞍上問題

訳アリで福永祐一やC.ルメールらの名も? 大器ブラックブロッサム菊花賞(G1)へ大きく前進も浮上する鞍上問題の画像1
田辺裕信騎手

 秋の大目標へ、大きな1勝を積み重ねた。

 17日、福島競馬場で行われた信夫山特別(2勝クラス)は、1番人気のブラックブロッサム(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が単勝1.3倍の圧倒的人気に応えて勝利。春の京都新聞杯(G2)の敗戦から一息入れ、見事な再スタートを見せた。

 最後は2着マリノアズラに2馬身半差の完勝だったが、道中は決して楽なレースではなかった。8頭立て芝2600mのレースで、ゲートを飛び出したブラックブロッサムは主戦の田辺裕信騎手に促されてハナへ。

 すんなりと主導権を握るかに思われたが、イヤサカの鞍上・戸崎圭太騎手が鈴を付けに行き、大本命馬の単騎逃げを許さなかった。しかし、ペースそのものは13秒台のラップが続く、長丁場の条件戦らしいスローペース。

 だが、残り1000mを切ったあたりで流れが大きく変わる。3番手にいたカフェキングが先頭を窺う勢いで前進を開始すると、それにイヤサカが反応。先頭を走っていたブラックブロッサムが並びかけられたところで、田辺騎手もアクションを開始した。

 レースはロングスパート合戦となったが、最後は厳しい流れになった分、地力の差が表れたか。ブラックブロッサムが大きく抜け出すと、後続を寄せ付けずに先頭でゴール板を駆け抜けた。

「陣営にとって負けられないレースだったと思いますが、ここでは力が違いましたね。非常に落ち着いた流れでしたが、残り1000mを切ってからのラップはすべて11秒台というロングスパート合戦。持続力勝負になって、ブラックブロッサムの良いところが出たと思います。

完勝と言える内容でしたが、田辺騎手は『まだ全然、能力だけで走ってる』と辛口でしたね。『体も緩いし、芯が入ってない』と、まだまだこれからの馬であることを強調していました。スケールの大きな走りをする馬ですし、今後が楽しみな馬ですね」(競馬記者)

 また、この日はプラス18kgと大きく馬体を増やしての出走だったが、所属するシルクレーシングの米本昌史代表によると「成長分」とのこと。気になる次走については「わからない」と話すに留まったが、秋の目標が菊花賞(G1)であると明言した。

「右回りのスムーズさもなく、少し戸惑っていた。徐々に経験を積んでいければ」

訳アリで福永祐一やC.ルメールらの名も? 大器ブラックブロッサム菊花賞(G1)へ大きく前進も浮上する鞍上問題の画像2
アスクビクターモア

 レース後、そうブラックブロッサムへ期待を寄せた田辺騎手は、今春の皐月賞(G1)で5着、日本ダービー(G1)でも3着に好走したアスクビクターモアの主戦でもある。本馬は菊花賞出走こそ明言されていないものの、トライアルのセントライト記念(G2)からの始動予定となっており、そのまま本番に進む可能性が高い。

“訳アリ”で福永祐一やC.ルメールらの名も? 大器ブラックブロッサム菊花賞(G1)へ大きく前進も浮上する鞍上問題のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合