NEW

福永祐一「格の違い」見せつけられたトラウマ払拭?

福永祐一「格の違い」見せつけられたトラウマ払拭?の画像1
福永祐一騎手

 17日、小倉競馬場で行われた博多S(3勝クラス・芝2000m)は、福永祐一騎手の5番人気ルペルカーリア(牡4、栗東・友道康夫厩舎)が快勝。これまで4度跳ね返されてきた3勝クラスの壁を5度目の挑戦でクリアした。

 未完の大器がようやく本格化の気配を感じられる復活勝利だ。特筆すべきは見た目以上に強さが伝わる勝ちっぷり。好スタートを決めると外からハナを主張してきたホウオウエクレールを一旦先にやって2番手からの追走。ペースも流れて1000m通過の前後半が58秒6-58秒4と先行勢に厳しい流れを押し切った。

 勝ちタイムの1分57秒0は、今夏の小倉開催でレコード勝ちしたガイアフォースの1分56秒8(ともに良馬場)とわずか0秒2の差しかない。後者が54キロでまだ馬場状態の良好だった3日に記録していたことを考慮すると互角以上の評価も可能だろう。

 血統的にもモーリス×シーザリオという超良血馬だけに楽しみはある。今回の走りが本物なら秋の重賞挑戦も視野に入りそうだ。

「外枠から自分のリズムで運べました。ペースは気にせず、失速しない馬なので待たずに動いていきました。この形でこれからもやっていければ良いのかなと思います」

 会心のレースをそう振り返った福永騎手のコメントから伝わるように、試行錯誤を繰り返した鞍上の導き出した答えが正しかったことを証明する結果。コンビを組んだ9回目にして“最適解”に辿り着けたのかもしれない。

「直近の3走も福永騎手が騎乗していましたが、手応えの割に伸びない敗戦を繰り返していました。折り合いを重視してのことでしょうが、後方からの競馬を意識するあまり、馬のリズムと合わなかった可能性も考えられますね。

それが今回はどちらかというと完全に馬任せ。高い能力がありながら乗り難しい面のあるシーザリオ産駒の特徴をいい方に引き出した好判断だったと思います。福永騎手の『この形』という表現もそれを踏まえてのことなのでしょう」(競馬記者)

 母シーザリオは現役時代に福永騎手が手綱を取って日米オークス制覇をした思い入れの強い名牝。G1を制した産駒のリオンディーズやサートゥルナーリアに騎乗する機会は巡って来なかったが、ルペルカーリアの成長は頼もしい限りだろう。

 その一方、ルペルカーリアの圧勝劇は兄であるエピファネイアが制した2014年のジャパンC(G1)を彷彿させるシーンでもあった。

 今でこそ頼れる騎手に成長した福永騎手だが、2018年にワグネリアンで悲願の日本ダービー(G1)制覇を成し遂げるまでは、ここ一番で勝ち切れない弱点を抱えていた。

福永祐一「格の違い」見せつけられたトラウマ払拭?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合