NEW

ソダシにとっても脅威、浜中俊の「覚醒」に刮目せよ

【この記事のキーワード】, ,
ソダシにとっても脅威、浜中俊の「覚醒」に刮目せよの画像1
浜中俊騎手

 今年の浜中俊騎手はちょっと違う。

 そう感じたファンも少なくないのではないか。

 17日の函館記念(G3)で7番人気の伏兵ハヤヤッコ(牡6、美浦・国枝栄厩舎)を好騎乗で勝利に導いた浜中騎手だが、今年の重賞は7月半ばにしてはや5勝目をマークした。

 年間重賞5勝は7勝を挙げた2014年以来となる8年ぶりの快挙。今年の開催がまだ5ヶ月余り残っていることを考えると、自身にとってキャリア初の二桁勝利も夢ではないほどのハイペースだ。

 騎手全体でも6勝を挙げてトップの川田将雅騎手が勝率17.1%なのに対し、浜中騎手はこれを大きく上回る勝率27.8%。全国リーディングこそ27位に甘んじているが、かつて2012年に全国リーディング騎手となった名手の手腕はまだまだ衰えていない。

■2022年、浜中騎手の重賞勝利

マーチS(G3・ダート1800m)メイショウハリオ、2番人気
マイラーズC(G2・芝1600m)ソウルラッシュ 、6番人気
目黒記念(G2・芝2500m)ボッケリーニ、2番人気
函館スプリントS(G3・芝1200m)ナムラクレア、1番人気
函館記念(G3・芝2000m)ハヤヤッコ、7番人気

 5勝の内訳も芝の短距離から中長距離にダートの中距離と様々な条件で結果を残した。上位人気馬だけではなく、穴馬でも勝利したことは特筆に値する。まさにオールラウンダーといっていい活躍だ。

 そして、今年の浜中騎手には何かしらの強い覚悟のようなものが感じられる。例年は地元の小倉を主戦場にすることが多い夏競馬もあえての函館参戦。6月半ばから先週までの短い期間で重賞を2勝したのは驚きである。

 特に目立ったのは函館スプリントSのナムラクレア。3歳牝馬で50キロということもあり、今の浜中騎手にとっては減量が苦しいかなりの“酷量”だったはず。それでもクリアして見せたことは、『絶対に乗るんだ』という強い意思が伝わる。そして最高の結果もしっかりとついてきた。

 また、ハヤヤッコで制した函館記念の騎乗も現在の浜中騎手の好調ぶりが顕著に表れた内容だった。

ソダシにとっても脅威、浜中俊の「覚醒」に刮目せよのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合