NEW

中京記念で復活V「バラ一族」期待馬が遂げた悲劇の死

【この記事のキーワード】, ,

中京記念で復活V「バラ一族」期待馬が遂げた悲劇の死の画像1

 24日、第70回中京記念(G3)が小倉競馬場の芝1800mで行われる。

 中京で開催される重賞の中では最も古い歴史を持つ中京記念。1953年に中京開設記念として創設され、翌年から現在の名称となった。

 中京競馬場がリニューアルされた2012年に夏の中京マイルが舞台となったが、それまでは基本的に春の中京2000mという条件で定着していた。オールドファンには「中京記念=中距離」のイメージがまだ残っているかもしれない。

 中京記念がまだ2000mで行われていた07年。改修前だった中京競馬場の芝2000mを1分56秒9で走破した馬がいる。当時のコースレコードを叩き出し、改修されるまでレコードホルダーの地位を維持したのがローゼンクロイツだった。

 父は種牡馬として晩年を迎えていたサンデーサイレンス、母はロゼカラーなので、いわゆる「バラ一族」の一員である。一族にとって悲願のG1制覇を託され、ローゼンクロイツは3歳時に牡馬クラシック三冠に出走。皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)にはどちらも4番人気、菊花賞(G1)は3番人気に推されていた。

「春のクラシックは皐月賞が9着、ダービーは8着で、いずれも人気を裏切りました。最も着順が良かったのは菊花賞で、馬券圏内の3着に食い込んでいます。ただし3つのレース全てで勝ち馬からは1秒以上離されていました。

この年の牡馬三冠レースを制したのは日本競馬界の最高傑作、ディープインパクトでした。ローゼンクロイツにとっては時代が悪かったといえますね。もし違う年に生まれていれば、クラシックでも主役級の1頭として、もっとスポットライトを浴びていた存在だと思います」(競馬誌ライター)

 3歳春に毎日杯(G3)を制したローゼンクロイツだったが、クラシック戦線は同世代の怪物相手に全く歯が立たず。古馬となり迎えた初戦が4歳春に行われた06年の中京記念だった。

 この時は柴山雄一騎手を背に4番人気で2着に好走。約3か月後の金鯱賞(G2)でも2着に入ったが、中京競馬場以外ではなかなか結果を残すことができなかった。

 毎日杯を最後に勝利から遠ざかっていたローゼンクロイツ。久々の美酒に酔ったのが07年の中京記念。藤岡佑介騎手との初コンビで臨んだ一戦は、前走・京都記念(G2)でブービー13着に大敗したこともあって、4番人気に甘んじていた。

 レースはテイエムプリキュアなどによる主導権争いが激化し、1000m通過が57秒3のハイペース。ローゼンクロイツは中団内目でリズム良く折り合いに専念した。勝負どころで鞍上が促すと、抜群の手応えで進出。直線で先に抜け出しを図ったシルクネクサスを交わすと、最後は後続に2馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。

中京記念で復活V「バラ一族」期待馬が遂げた悲劇の死のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合