NEW

トウカイテイオーに続けなかった「幻の後継者」の不運

【この記事のキーワード】, ,
トウカイテイオーに続けなかった「幻の後継者」の不運の画像1
撮影:Ruriko.I

 17日、Twitterのトレンドに突如として懐かしの競走馬の名前が挙がった。それがツルマルツヨシである。これはどうやら大人気ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)に登場する新アイテムの発表が関連していた様子だ。

『ウマ娘』には“サポートカード”という育成を手助けするアイテムが存在するのだが、今週から登場する新たなサポートカードのイラストにはシンボリルドルフ、トウカイテイオー、そしてツルマルツヨシが描かれていたのである。

 往年の競馬ファンならばこの3頭の組み合わせを見て「なるほど」とその関係性がピンと来たはず。一方でそれこそ『ウマ娘』がきっかけで競馬に興味を持ったファンの中にはシンボリルドルフ、トウカイテイオーのペアには馴染みがあっても、「なぜツルマルツヨシ?」と疑問に思った方も多かったかもしれない。

 シンボリルドルフの産駒と聞いて誰もが真っ先に思い浮かべるのがトウカイテイオーだろう。皇帝といわれた父の後継者に相応しい帝王の名を背負い、数々の伝説を生んだ歴史的名馬といえる存在である。だがそのトウカイテイオーの陰に隠れてはいるが、実はもう1頭シンボリルドルフの産駒には“大物”が存在していた。それこそがツルマルツヨシである。

 ツルマルツヨシは関係者が絶賛する程の好馬体の持ち主で、デビュー以前からその素質の高さを認められる存在であった。しかし“ツヨシ”の名とは裏腹に体質は虚弱であり、デビューが叶ったのは3歳(旧4歳)の5月という同世代がクラシックを戦う真っただ中の時期であった。

 デビュー戦では無事に勝利を収めたものの、その後も体質の弱さに悩まされツルマルツヨシは満足にレースに出走することができずにいた。素質の高さは本物であり条件戦では4戦3勝という抜群の成績を残したものの、デビュー戦での初勝利から3勝目を挙げるまでには約1年1か月という長い時間を要してしまった。

 それでもツルマルツヨシのポテンシャルを信じていた陣営は、4歳(旧5歳)時に三河特別(900万下・当時)で3勝目を挙げた後に格上挑戦となる北九州記念(G3)への出走を決断する。するとこのレースでツルマルツヨシは見事に期待に応えて3着に好走。重賞でも通用する力を示し、続いて挑んだ朝日チャレンジC(G3)で待望の重賞初制覇を遂げる。

 この時期には体質も改善し、コンスタントにレースを使えるようになっていたツルマルツヨシ。まさしく充実期を迎えており、重賞制覇の勢いに乗って翌月の京都大賞典(G2)へと挑むこととなる。

 この京都大賞典にはツルマルツヨシと同世代のダービー馬・スペシャルウィークが出走。同じ1998年クラシック世代の“遅れてきた大物”と当代のダービー馬の直接対決は大きな注目を集めることとなった。

 その他にも前年に天皇賞・春(G1)を勝利したメジロブライトや、この年の皐月賞(G1)を勝利したテイエムオペラオーといった強豪が集結したこの年の京都大賞典。夏の上がり馬として期待を受けたツルマルツヨシではあったが、評価はG1馬3頭に次ぐ4番人気で挑んだ。

 しかしレースでは直線で早々と抜け出して先頭に立つと、メジロブライト、テイエムオペラオーの猛追を最後まで凌ぎ切り快勝。圧倒的な支持を受けたスペシャルウィークは7着に敗れ、ツルマルツヨシは世代のトップを相手に大金星を挙げて見せた。この勝利によって“遅れてきた大物”は一躍秋の主役へと躍り出ることとなった。

 重賞連勝で勢いに乗るツルマルツヨシは、意気揚々と秋のG1戦線へ駒を進めることとなる。天皇賞・秋(G1)では府中の2000mで不利とされる8枠17番の大外枠に苦しみ8着に敗れたものの、続いて臨んだ有馬記念(G1)では4着に善戦する。

トウカイテイオーに続けなかった「幻の後継者」の不運のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合