NEW

今村聖奈が挑む武豊が築いた「35年前」の高過ぎる壁

【この記事のキーワード】, ,
今村聖奈が挑む武豊が築いた「35年前」の高過ぎる壁の画像1
今村聖奈騎手

 今月3日、重賞初挑戦となったCBC賞(G3)をテイエムスパーダとのコンビで制した今村聖奈騎手。レコード更新となった1分5秒8の勝ち時計も衝撃的だったが、ルーキーらしからぬ堂々たるレース運びには誰もの目を引いたことだろう。

「馬の力を信じて自信を持って乗れた」

 この偉業をそう振り返ったコメントから伝わるように、新人離れした思い切りの良さも好結果に結び付いた。主導権争いに怯むことなく、レコードが出るようなハイペースを自ら演出して押し切る勝利は見事としか言いようがない。

 重賞初騎乗初制覇は、2008年に達成した宮崎北斗騎手以来となる史上5人目。デビュー年に限れば、1998年に達成した池添謙一騎手以来24年ぶり4人目の快挙をいとも容易く成し遂げてしまったのだから、もはや「新人」「女性」という先入観に捉われない方がいいかもしれない。

 勝利数でも新人騎手の中では断トツ1位の21勝を挙げている今村騎手の快進撃は止まることを知らない。この活躍が「本物」ならば、今後の重賞戦線でもその存在感は増していくだろう。

今村聖奈が挑む武豊が築いた「35年前」の高過ぎる壁の画像2
カデナ

 そんな今村騎手だが、“初重賞勝利効果”もあってか、今週末の中京記念(G3)でも有力馬の1頭と目されているカデナ(牡8、栗東・中竹和也厩舎)の騎乗依頼が舞い込んだ。もしここでも勝つようならCBC賞に続いて2つ目の重賞勝利も視野に入ってくる。

 また、デビュー年に重賞制覇を達成した現役騎手には、上述した池添騎手、和田竜二騎手、江田照男騎手、三浦皇成騎手などがいるが、この中に連続で重賞制覇した騎手は一人もいない。

 初騎乗で重賞勝ちすら史上5人目の快挙だったにもかかわらず、2度目の騎乗機会で連勝するとなると、それこそとんでもない大物新人が現れたことになる。

武豊が築いた「35年前」の高過ぎる壁

 なぜなら比較対象となる相手が競馬界の第一人者である武豊騎手だからだ。重賞初勝利こそ武豊騎手より早い7月にクリアした今村騎手だが、連続勝利のハードルは相当高くなることは間違いない。

 1987年にデビューした武豊騎手は、同年10月の京都大賞典(G2)をトウカイローマンで制して重賞初制覇。勢いそのままに、翌週に行われた京都新聞杯(G2)もレオテンザンで連勝し、2週連続で重賞を勝つという離れ業に成功している。

 もし今村騎手が中京記念を勝利したなら、あの競馬界のレジェンドより3ヶ月先に達成してしまうのだ。しかも重賞初騎乗初勝利のオマケまでついてくるのだから、事の重大さに気付かされる。

今村聖奈が挑む武豊が築いた「35年前」の高過ぎる壁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合