NEW

田辺裕信「2歳新馬」お断り!? 未だ騎乗ゼロに隠された真意

【この記事のキーワード】, ,

田辺裕信「2歳新馬」お断り!? 未だ騎乗ゼロに隠された真意の画像1

 7月半ばを迎え、たけなわとなった夏競馬。G1専門のライトファンがお休みする中、熱心な競馬ファンにとって、ある意味サマーシリーズよりも注目度が高いのが毎週の「新馬戦」である。

 来年のクラシック候補はもちろん、将来のダート王やマイル王候補などを狙うスケールの大きな馬たちをいち早くチェックするのも、夏競馬の醍醐味の1つと言えるだろう。

 無論、それは鞍上を務める騎手たちも同様だ。

 毎年のリーディング上位を占めるC.ルメール騎手や川田将雅騎手、福永祐一騎手などトップジョッキーたちの大きな稼ぎ場が新馬戦であり、今のうちに将来のパートナー候補を決めておくことが、後々の大レースの結果を大きく左右すると言っても過言ではないだろう。いわゆる「唾を付ける」ということだ。

 例えば、今や関東のトップジョッキーとなった若手のホープ横山武史騎手も、その名を全国に轟かせた最大のきっかけは、昨年の年度代表馬エフフォーリアとの出会いだった。

 一昨年の夏の札幌でデビューして以来、ずっと横山武騎手とコンビを組んでいるエフフォーリア。しかし、もしその時に横山武騎手が他のレースや馬を優先して本馬に騎乗していなければ、そこからのコンビ結成は至難の業だったはずだ。そういった意味では、運命的な出会いが騎手人生を大きく変えたともいえる。

田辺裕信「2歳新馬」お断り!? 未だ騎乗ゼロに隠された真意の画像2
田辺裕信騎手 撮影:Ruriko.I

 だが、その一方でそんな“ビッグチャンス”新馬戦と一線を画しているトップジョッキーがいる。関東の田辺裕信騎手だ。

 6月から始まった今年の2歳新馬戦だが、実は田辺騎手はまだ1鞍も騎乗していない。無論、休養しているわけではなく、先週も3勝を挙げて福島の開催リーディング2位と至って好調だ。

「2歳新馬」騎乗ゼロに隠された真意

 しかし、その一方で新馬戦の騎乗は皆無。それどころか函館2歳S(G3)はもちろん、2歳未勝利戦にさえ一切騎乗しておらず、完全に2歳馬にノータッチという状況が続いている。新馬戦が騎手にとって大きなチャンスであることは先述した通りであり、それは当然田辺騎手も例外ではない。一体、どういうことなのだろうか。

「以前から独特の理論を持った変わり者で知られている田辺騎手ですが、日々の騎乗で最も気を付けていることがアクシデントなどで故障しないことだそうです。その点、2歳の新馬はまだ競馬が分かっていない馬も多く、落馬などのアクシデントに繋がりやすいことも確か。その分、新馬戦などで騎乗する騎手がレースを教える枠割を担っていますが、田辺騎手は極力キャリアの浅い2歳馬に騎乗することを避けているようです。

もちろん、騎手にとって新馬戦は名馬との出会いのチャンスですし、その後の乗鞍や成績にも大きく影響します。さらに先週の福島でも土日ともに新馬戦が2鞍(日曜は2歳未勝利もあって4鞍)あったように、それらの騎乗を放棄すれば、少なからず現時点での成績にも影響があります。

ただ、それでも田辺騎手本人は気分が乗らないそうで……。目先の成績よりも、長く楽しく競馬に乗り続けることを、何よりも優先して考えているそうです。“本気”になれば『すぐにでも関東のトップに立てる』と話す関係者も多いんですけどね(笑)」(競馬記者)

 例えば、この6月に約1年の休養を得て北村友一騎手が復帰後初勝利を飾ったが、昨年5月に落馬負傷した際に騎乗していたジャグリングは、まだキャリア3戦目の若い馬だった。無論、これはあくまで一例に過ぎないが、あえて若駒との距離を取ることで、落馬などのアクシデントによるリスクを回避するという考え方もあるということだ。

 実際に、田辺騎手とのコンビで今春の牡馬クラシックを沸かせ、秋の菊花賞(G1)でも有力視されているアスクビクターモアも、デビュー戦から手綱を取っていたわけではなく、3戦乗った戸崎圭太騎手からのバトンを受け取っている。

田辺裕信「2歳新馬」お断り!? 未だ騎乗ゼロに隠された真意のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合