NEW

安田隆師「うっかり発言」ダノンザキッドは関屋記念へ

【この記事のキーワード】, ,
安田隆師「うっかり発言」ダノンザキッドは関屋記念への画像1
ダノンザキッド 撮影:Ruriko.I

 2020年のホープフルS(G1)覇者ダノンザキッド(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)が放牧先のノーザンファームしがらきから栗東トレセンに帰厩。8月14日の関屋記念(G3、芝1600m)を目標に調整していくことが分かった。

 ダノンザキッドがG3戦に出走すれば、キャリア2戦目の東京スポーツ杯2歳S(当時G3)以来。別定戦の同レースでは58kgを背負うことになるが、秋の大目標になるマイルCS(G1)へ向けて、まずは夏の新潟で目の前の1勝を求めてきたといえるだろう。

 デビュー3連勝で2歳王者に輝き、JRA最優秀2歳牡馬にも選ばれたダノンザキッド。その時点では間違いなく世代トップクラスに君臨していた。

 ところが、3歳初戦の弥生賞(G2)でタイトルホルダーとシュネルマイスターの後塵を拝すると、皐月賞(G1)はまさかの15着に惨敗。人気を分け合ったエフフォーリアと明暗を分ける形となった。

 その後は日本ダービー(G1)直前に骨折が判明。半年間の休養を挟んで、3歳秋はマイル路線に専念し、富士S(G2)4着、マイルCSも3着とまずまずの成績を残した。

 4歳となった今年は中山記念(G2)から始動。1番人気に支持されたが、スタートで後手を踏むと、道中のリズムも悪く7着に敗れた。

 そして迎えたのが春の大目標、安田記念(G1)。中山記念から一転、7番人気まで評価を落としていたが、川田将雅騎手を背に今度は好スタートを切ると、積極的に位置を取りに行く競馬を見せた。

 道中は逃げたホウオウアマゾンをぴったりマークする2番手を追走。長い東京の直線残り400m地点で先頭に立つと、残り100m地点でも先頭のまま。驚異の粘り腰を見せたが、最後は力尽きて6着に敗れた。

 掲示板を外したとはいえ、勝ったソングラインとの差は僅か0秒2。差し馬が上位を占めたレースとしては、大健闘といえる内容だった。管理する安田隆師もレース前に自信のコメントを残していたが、実は直前のインタビューでちょっとしたハプニングがあったという。

「栗東坂路で行われた安田記念の1週前追い切りで、ダノンザキッドは自己ベストを大幅に更新する50秒8の超抜時計をマークしました。安田隆師も『動きも良かった』とコメントしていたのですが、『東京スポーツ』がYouTubeに公開した動画に思いもよらぬ師の発言が収められていたんです……」(競馬誌ライター)

 それが6月2日に「東スポレースチャンネル」に公開された「【安田記念2022】2頭出し安田隆行調教師に直前インタビュー ダノンザキッド、ダイアトニックの状態は?《東スポ競馬》」という動画内での安田隆師の発言だった。

安田隆師「うっかり発言」ダノンザキッドは関屋記念へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合