NEW

あの大ヒット爆裂パチンコが「大当り確率1/77」の超アマ仕様で再臨!

【この記事のキーワード】,

あの大ヒット爆裂パチンコが「大当り確率1/77」の超アマ仕様で再臨!の画像1

 遊びやすさを追求したサンセイR&Dのパチンコ「激デジ」シリーズに、あのビッグタイトルが加わる。同社は先日、8月1日導入予定の最新タイトル『P激デジ真・牙狼』の製品サイトを公開し、詳しいゲーム性を明らかにした。

激デジシリーズはこれまで2機種がデビュー

 激デジシリーズ第1弾は2021年5月に登場した『PA激デジジューシーハニー3』で、大当り確率は77.74分の1。大当り後は100%STへ突入する安心設計で、初当たり時の99%で3R+ST32回、1%で10R+ST32回+時短50回が選ばれる。

 ST中の大当たり確率は51.84分の1に上昇し、電チュー入賞時の大当たり振り分け割合は4R+ST32回+時短50回が90%、10R+ST32回+時短50回が10%。時短50回での引き戻しを含めたST継続率は約72%となる。

 遊タイムへは低確率200回転消化で到達し、時短295回が付与。低確率にはST後の時短50回も含まれるので、実質、150回消化で遊タイムへ到達することとなる。

 2022年3月デビューの同シリーズ第2弾『PA激デジ 笑ゥせぇるすまん 最後の忠告』も『PA激デジジューシーハニー3』と同じく大当り確率は77.74分の1で、初当り時は99.2%で4R+確変、0.8%で10R+確変が発動。大当り確率が49.98分の1までアップする確変中は電サポ40回保証で、保証回転数消化後はジャッジ成功で「DEADorALIVE」モードへ移行→大当りor終了のいずれかに決着するまで継続する。

 このプラスα分と残保留を含めたトータル確変継続率は約62.3%。右打ち中の大当り選択割合は4R+確変が64.8%、10R+確変が35.2%と、ヒキ次第では一気大量出玉が狙える。

 遊タイム突入条件はやはり低確率200回転消化で、時短295回がスタート。時短中は高速変動によるストレスフリーな消化が可能だ。

今作は時短突破型のSTタイプ

 冒頭で述べた『P激デジ真・牙狼』は、そんな激デジシリーズの第3弾。大当り確率は同様に77.74分の1で、通常時の大当り後は例外なく時短50回の「魔獣HORRUSH」へ移行する。

 この時短中に再度大当りを引ければST100回の「牙狼SLASH」へ突入。『P真・牙狼』で好評だった残保留チャレンジ「真・ガロパト」を含めたトータルST突入率は約51.1%となる。

 ST中の大当り確率は72.73分の1で、10R振り分け割合は25%。真・ガロパト中に319.68分の1で抽選される突然時短230回を加味したトータル継続率は約77%となる。

 もちろん本機も遊タイム機能を搭載しており、低確率230回転消化で到達。以降は時短295回の「魔戒SLASH」が始まる仕組みで、仮に真・ガロパト中に突然時短を引き当てた場合は遊タイム到達まで電サポが継続する。

 演出に関しては『P真・牙狼』でのプレイヤーの意見を徹底的に研究し、「変動効率アップ」「新演出追加」「演出改良」と激デジシリーズに最適化。『P真・牙狼』のみならず『P牙狼冴島鋼牙』のリーチも採用されているようなので、ファンには嬉しい限りであろう。

(文=編集部.)

【注目記事】
パチスロ「高確率&超快速な集中役が魅力の史上初B-Cタイプ」~4号機名機伝説~ 『キングオブカリブ』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.100】
パチスロ「0.1秒=1G×99%ループ」の秒数上乗せが完全復活! 期待出玉「3,000枚」の6.5号機も同時デビュー 8月1日導入リスト
パチンコ新台「簡単に300連オーバー」も期待の新感覚マシン!!

あの大ヒット爆裂パチンコが「大当り確率1/77」の超アマ仕様で再臨!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合