NEW

JRA【中京記念(G3)予想】リーディングトップ川田×ファルコニアは迷わず切り!小倉の鬼を押さえて好配当を狙う

【この記事のキーワード】, ,

JRA【中京記念(G3)予想】リーディングトップ川田×ファルコニアは迷わず切り!小倉の鬼を押さえて好配当を狙うの画像1

 今週はサマーマイルシリーズ第2戦となる中京記念(G3)を予想していきたい。

 先週だが、馬場状態がひとつの鍵だった。それが裏目に出たのが函館2歳S(G3)。勝ったのは予想に挙げていたブトンドールだったが、2着は切ったクリダーム、さらに3着はノーマークであった。馬場は稍重で勝ちタイムも1分11秒8と相応に遅いタイム。その割にクリダームが入ってきたということで、思ったより馬場状態は悪くなかったのかも知れない。一方3着が新馬戦ダートの馬だったので、こちらはパンパンの良馬場でなかったが故に伸びてきた可能性がある。

 函館記念(G3)の方も1番人気を敢えて押さえたマイネルウィルトスが来てくれたのはいいが、勝ったのはまさかのハヤヤッコ。3着のスカーフェイスは前走大阪杯(G1)のローテーションに前例がなかったので切ったが、こちらは当日予想通りの重馬場だったということで、予想を超える適性があったので来たのだろう。ハヤヤッコもそういう意味ではダート重賞を勝っているくらいなので、パワーが必要な馬場は向いていた。いずれにせよ予想の斜め上の結果だった。

 ということで予想に戻ろう。

 まずはいつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていきたい。ただ、20年は阪神開催、昨年は小倉開催でさらに距離も1800m戦と条件が異なるのだが、今年も同条件で行われるということもあるので、すべてのデータを合わせて見ていく。
米子S(L、OP) 7頭
パラダイスS(OP) 5頭
京王杯SC 3頭
安田記念、NHKマイルC、エプソムC、マーメイドS 各2頭
ヴィクトリアマイル、マイラーズC 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 3頭
条件特別(3勝クラス) 1頭
となっている。夏競馬の最中ということもあって、重賞組よりオープン戦を経由して臨む馬が多い。1800mで開催された昨年はマーメイドS(G3)から2頭と安田記念(G1)から1頭の組み合わせ。マイルではなくマイルより長い距離でも通用する力のある馬が来たので、今年もその傾向は続く可能性がある。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 2-0-2-6
2番人気 0-1-0-9
3番人気 1-0-2-7
4~6番人気 4-6-4-16
7~9番人気 2-0-1-27
10番人気以下 1-3-1-63
となっている。上位人気がアテにしづらい数字が残っている。近5年に絞ると1番人気が【2-0-2-1】なので、ここ最近は1番人気が人気相応に走っていると見ていいだろう。昨年も1番人気が勝利しているので、ひとつの傾向として考えられる。が、全体としては4番人気以下の馬の好走が目立ち、それは数字にも表れている通りだ。近5年でもその傾向は変わらない。

JRA【中京記念(G3)予想】リーディングトップ川田×ファルコニアは迷わず切り!小倉の鬼を押さえて好配当を狙うの画像2
コルテジア

 これらを踏まえて「◎」は人気薄の3番コルテジアとする。

 前走はエプソムC(G3)。積極的に動いて番手から競馬を進めたが、直線で力尽きて9着と大敗している。

 前走は20年日本ダービー(G1)後に判明した二度の骨折で、実に2年ぶりの実戦復帰だった。2年のブランクがあって、いきなり重賞で好走するのは至難の業。加えて重馬場だったこともある。戦績を見る限り稍重までは凌げるようだが、重までは厳しいと見える。

 距離も1800mがちょうどいいようで、3歳時には開催場こそ違うがきさらぎ賞(G3)を勝っている重賞ウィナー。筋や腱といった部分の故障は復帰しても競走能力の低下が否めないが、骨折による長期休養なので競走能力に衰えはなかろう。陣営も一叩きしての上積みを強調しており、前で競馬をしたい馬が少ない今回のメンバーは有利になるとコメント。

 天候も雨の時間はありそうだが、極端な馬場の悪化はなく良~稍重でできそうな見通し。能力はこのメンバーであれば上位。人気がないからこそ押さえておきたい1頭だ。


「○」は人気どころだが2番ミスニューヨークを挙げる。

 前走はヴィクトリアマイル(G1)。後方待機策を採って直線で追い上げてきたが、大混戦の中僅差の10着に敗れている。

 前走は本当に大混戦で、着差はわずか0.7秒。着順ほどには負けていない。3走前のターコイズS(G3)を勝っている重賞ウィナーであるが、G1では荷が重かったのとマイルでは少し短かった可能性がある。主戦場は1800m~2000mで良績もここに集中している。

 陣営は左回りが向いていないというコメントをしているが、実際左回りコースで好走例はゼロ。逆に小倉コースは4走して1勝2着1回3着1回、あと1回は昨年のこのレースで記録した4着と好相性を見せている。重賞を勝っていながらも斤量は前走から1kg減で出られる魅力もあり、好走を予感させる要素が多い。

JRA【中京記念(G3)予想】リーディングトップ川田×ファルコニアは迷わず切り!小倉の鬼を押さえて好配当を狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合