NEW

JRA M.デムーロ「ウソでしょ!?」エフフォーリアより走るに思わず小躍り!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「エフフォーリアより走る!」デムーロ「ウソでしょ!?」デビュー戦完勝で思わず小躍り!? 超大物2歳でアーモンドアイ調教師が見据える初の日本ダービー制覇の画像1
M.デムーロ騎手

「本当に最近は元気モリモリです! だから、もっともっとたくさん乗りたいね」

 今週更新された『netkeiba.com』で連載中の『Road to No.1 M.デムーロ世界一になる』にてそう宣言していた通り、23日は1日11鞍に騎乗と元気一杯だったM.デムーロ騎手。「僕は連闘(続けてレースに騎乗すること)が向いていると思う」と話す通り、この日は1勝を挙げるなど5度馬券に絡み、存在感を発揮している。

 だが、その一方で得意の大レースでは、その勝負強さが影を潜めている。

 今年の目立った勝利はライラックによるフェアリーS(G3)と、プルパレイのファルコンS(G3)のみ。3月を最後に重賞勝利から遠ざかっており、オークス(G1)と阪神ジュベナイルF(G1)をはじめ、重賞7勝を挙げた昨年の勢いが感じられない状況だ。

 ただ先月、そんなデムーロ騎手とのコンビで大レースを狙える逸材が現れた。DMMドリームクラブに所属し、6月25日の新馬戦を制したシャンドゥレール(牡2歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

「エフフォーリアより走る?」超大物2歳登場

 

 DMMドリームクラブとデムーロ騎手といえば、日本初の米ブリーダーズCフィリー&メアターフ制覇などG1・4勝を挙げたラヴズオンリーユーがあまりに有名だ。キャリア晩年は川田将雅騎手とのコンビで国際G1を制したが、2019年のオークスをはじめ、デムーロ騎手とも苦楽を共にした名コンビとしてファンの記憶に残っている。

 実際にシャンドゥレールが東京・芝1800mのデビュー戦を快勝した際、デムーロ騎手は「とても強かったです」と開口一番に絶賛。「まだ何もわかってないのに、能力だけで走ってくれました。能力が高いですし、楽しみ」と今後に向けての印象的なコメントを残している。

 ただ、そんな大物候補のデビュー戦の直前には、管理する国枝調教師とちょっとしたやりとりがあったそうだ。

「この馬、エフフォーリアより走るよ!」

 レース当日のパドックでのこと。国枝調教師が本番直前になって引き合いに出したのは、言わずと知れた昨年の年度代表馬。シャンドゥレールの父エピファネイアの最高傑作である。これにはデムーロ騎手も思わず「ウソでしょ!?」と、逆にプレッシャーを感じたようだ。

JRA M.デムーロ「ウソでしょ!?」エフフォーリアより走るに思わず小躍り!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合