NEW

【クイーンS(G3)展望】武豊JRA重賞350勝へ、ウォーターナビレラ始動!

【クイーンS(G3)展望】武豊JRA重賞350勝へ、ウォーターナビレラ始動!の画像1
ウォーターナビレラ 撮影:Ruriko.I

 31日、札幌競馬場ではクイーンS(G3)が行われる。注目は今年の桜花賞(G1)で2着した3歳のウォーターナビレラが参戦してきたことだろう。

 3歳世代牝馬の中心的存在として、春のクラシック戦線を賑わせたウォーターナビレラ(牝3歳、栗東・武幸四郎厩舎)。振り返ってみれば、競走馬デビューを果たしたのは1年前の札幌だった。

 6番人気で迎えた昨年8月の2歳新馬(札幌芝1500m)を逃げ切って勝利。続くサフラン賞(1勝クラス)、ファンタジーS(G3)も先行力を生かして、無傷の3連勝を飾った。その後、阪神JF(G1)で初黒星を喫したが、差のない3着に好走して世代牝馬では上位の力量を示している。

 トライアル仕様で臨んだ3歳初戦のチューリップ賞(G2)こそ5着に敗れたが、桜花賞ではハナ差の2着とあと一歩。オークス(G1)は距離の壁もあったか13着に惨敗したが、1800mなら初の古馬相手でも勝機は十分あるだろう。

 心強いのはクイーンSにおける3歳馬の成績だ。古馬との混合戦となった2000年以降は、「5-3-4-31」とまずまずといったところ。ただし、2番人気以内に支持された有力馬に限れば「4-1-0-1」と安定しており、この条件を満たす可能性が高いウォーターナビレラは“買い”の1頭といえるだろう。

 今回の鞍上もファンタジーSから手綱を取っている武豊騎手が務める。21日に掲載された同騎手のオフィシャルサイトの日記には「あと1勝に迫っているJRA重賞350勝は、来週のクイーンSでなんとかしたいです」と綴られており、節目の勝利を弟の管理馬で、という意欲を見せている。古馬の壁を破って秋の大一番、秋華賞(G1)へと向かいたい。

【クイーンS(G3)展望】武豊JRA重賞350勝へ、ウォーターナビレラ始動!の画像2
テルツェット 競馬つらつらより

 ウォーターナビレラにとって最大の脅威となるのが、昨年の覇者テルツェット(牝5歳、美浦・和田正一郎厩舎)だろう。

 3番人気に支持された昨年は道中じっくりと構えて後方を追走。4角でも最後方の位置取りだったが、短い函館の直線をものともせず、ゴール前の激戦を制した。

 その後はエリザベス女王杯(G1)に直行し、4番人気に支持されたが11着。今年の始動戦となった中山牝馬S(G3)は5着、さらにヴィクトリアマイル(G1)では13着と安定感を欠いている。

 ヴィクトリアマイルからのローテーションは昨年と同じだが、鞍上は昨年Vに導いたC.ルメール騎手の不在もあって、池添謙一騎手と初めてのタッグを予定。「代打の神様」と呼ばれるだけに怖い存在なのは間違いないだろう。連覇を果たせば、12-13年のアイムユアーズ以来となる。

 昨年、テルツェットと接戦を演じ、2着に敗れたのはマジックキャッスル(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)だった。

 1年前はテルツェットより1kg重い56kgを背負って、クビ差なら互角以上だったといえるだろう。その後は秋競馬での飛躍を期待されたが、府中牝馬S(G2)で15着に大敗すると、目標に掲げていたエリザベス女王杯を見送っていた。

 間隔を空けて愛知杯(G3)で復帰したが、ここでも9着、この春は阪神牝馬S(G2)5着、ヴィクトリアマイル17着と苦戦が続いている。

 今年は昨年よりもさらに1kg重い酷量を背負うことになるが、北の大地で復活を遂げることはできるか。

【クイーンS(G3)展望】武豊JRA重賞350勝へ、ウォーターナビレラ始動!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合