NEW

JRA木幡初也「大斜行」で騎乗停止も降着なしに疑問の声!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA木幡初也「大斜行」で騎乗停止も降着なしに疑問の声!?「何回パトロールビデオ見ても納得いかない」上がり最速も不利で痛恨4着…の画像1

 24日に福島競馬場で行われた5Rの新馬戦は、ちょっとした「荒れたレース」になった。

 1番人気のラパンラピッドが勝利したものの、3着に最低人気のウェンス(牡2歳、美浦・杉浦宏昭厩舎)が入線し、三連単は26万1430円という思わぬ高配当となった。だが、“荒れた”のは配当だけではなかったようだ。

「完全に斜行だろ――」

 レース直後から、一部のファンから疑問の声が上がった矛先は、波乱の立役者となったウェンスだ。中団から捲るように追い上げ、最後の直線では勝ち馬と2着馬との横一線の勝負に持ち込んだが、同時に外側へ大きく斜行……。

 4着シルバーニース、5着クレアチョウサンの2頭が不利を受けるアクシデントがあった。

JRA木幡初也「大斜行」で騎乗停止も降着なしに疑問の声!?「何回パトロールビデオ見ても納得いかない」上がり最速も不利で痛恨4着…の画像2
木幡初也騎手

「うーん、後味の悪い残念なレースになってしまいましたね。最後の直線の勢いはよかったんですが、鞍上の木幡初也騎手が右ムチを入れた際に、外側へ大きくヨレてしまいました。

直後を走っていたクレアチョウサンは2度の不利がありましたし、シルバーニースはその煽りを受けた格好。それだけに各関係者にとっても残念なレースになってしまいました」(競馬記者)

 また、レース後にはJRAから「最後の直線コースで、2番ウェンスが外側に斜行したため、12番クレアチョウサンおよび9番シルバーニースの進路が狭くなりました」として、ウェンスの木幡初騎手には8月6日、7日の競馬開催2日間の騎乗停止処分が下っている。

 着順を決定付けるゴール前でのアクシデントだっただけに、木幡初騎手の騎乗停止も致し方ない判断といえるが、その上での問題は審議による降着がなかったことだ。

「現状、JRAの降着に対するルールは、裁決委が『「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と判断した場合』となっていますが、今回は非常に際どい判定になったと思いますね。

というのも5着クレアチョウサンは2度の不利があって、特に2度目は致命的なもの。それでも最後はじわじわと伸びていましたし、結果的な着差こそ約2馬身差がつきましたが、スムーズなら3着ウェンスを交わす可能性はあったように見えました。

また、4着シルバーニースに至っては、上がり3ハロン最速を記録しているように、ゴール前の末脚は目を見張るもの。3着のウェンスとは半馬身差ですし、1から3着までがハナ+クビ差とタイム差もなかっただけに、不利がなくスムーズに走れていれば、3着どころか先頭まで突き抜けていたかもしれません」(同)

JRA木幡初也「大斜行」で騎乗停止も降着なしに疑問の声!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合