NEW

【引退】ノンコノユメは「キタサンブラック」と同世代。ドゥラメンテ、レッツゴードンキ…個性派集団の中、最後まで輝きを失わなかった努力家【特別寄稿】

【引退】ノンコノユメは「キタサンブラック」と同世代。ドゥラメンテ、レッツゴードンキ…個性派集団の中、最後まで輝きを失わなかった努力家【特別寄稿】の画像1
競馬つらつらより

 25日、2018年のフェブラリーS(G1)の覇者ノンコノユメ(セン10歳、大井・荒山勝徳厩舎)が現役生活に幕を下ろすことが分かった。

 ダート一筋・通算46戦9勝。セン馬となってタフに走り続けた個性派だったが、同時に2着が10回と勝ち切れない馬でもあった。ただ、そこが多くのファンに愛された理由であると思うのは、筆者だけではないだろう。

 現役でも珍しい10歳の高齢となると、デビュー戦は8年前の2014年。当時、どういった馬が活躍していたのかピンと来ない読者も少なくないだろうが、前年の年度代表馬がロードカナロアといえば少しは参考になるだろうか。

 ノンコノユメは2012年生まれということになるが、この世代は実に個性派が集った世代でもある。あまり接点がないので、気付いていない人も多いと思うが、2012年生まれは「キタサンブラック世代」である。

 武豊騎手と一世を風靡したキタサンブラックがこの世代の賞金王だが、この18億7684万円は歴代でもアーモンドアイに次ぐ2位だ。さらにこの世代で2頭目の10億円ホースとなったのがシュヴァルグラン。2017年のジャパンC(G1)制覇など、キャリア最後半はキングジョージ6世&QES(G1)やインターナショナルS(G1)などの海外レースにも挑戦した。

 ノンコノユメの5億7691万円(中央+地方)は、この2頭に続く世代3位となる。

 続く4位には、昨年他界したもののタイトルホルダーやスターズオンアースを輩出するなど、種牡馬としても大成功したドゥラメンテ。他にもサトノクラウンやリアルスティール、ヤマカツエースなど、同世代の賞金上位には新種牡馬として今夏に産駒がデビューした名馬の名も並ぶ。

 一方の牝馬も、王道を歩んだ二冠馬ミッキークイーンを筆頭に個性派ぞろいだ。

 中でも、超スローペースの桜花賞(G1)をまんまと逃げきったレッツゴードンキが、当時あれほどの名馬になることを予想できたファンは少数派だろう。その後は低迷が続いたが、古馬になってから短距離路線で存在感を発揮。JBCレディスクラシック(G1)でも2着するなど芝・ダート問わずに活躍した。

 クラシックには手が届かなかったクイーンズリングも、古馬になってエリザベス女王杯(G1)を制覇。有馬記念(G1)で人気薄ながら2着に好走し、世間をアッと言わせたことを覚えているファンも少なくないだろう。

 さらに桜花賞で1番人気に支持されるなど、長くG1制覇が期待された大器ルージュバックは、結局ビッグタイトルに縁のない馬だった。しかし、今春の大阪杯(G1)では、そんな姉の無念を弟のポタジェが見事に晴らしている。

 また、ノンコノユメが活躍したダート路線もタレントに恵まれた世代だ。

【引退】ノンコノユメは「キタサンブラック」と同世代。ドゥラメンテ、レッツゴードンキ…個性派集団の中、最後まで輝きを失わなかった努力家【特別寄稿】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合