NEW

凱旋門賞馬が敗戦も「武豊の夢」には悲報? 欧州で浮き彫りとなった過酷な現実

【この記事のキーワード】, ,
凱旋門賞馬が敗戦も「武豊の夢」には悲報? 欧州で浮き彫りとなった過酷な現実の画像1
競馬つらつらより

 現地時間23日、イギリスのアスコット競馬場で行われたキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1)は、イギリス馬のパイルドライヴァー(牡5、W・ミューア&C・グラシック厩舎)が優勝した。

 6頭立ての最低人気という評価を覆したパイルドライヴァーだが、これで2021年のコロネーションCに次ぐ2勝目のG1タイトル。プロレスの技でも有名なパイルドライヴァーという馬名も、オールドファンにとっては親しみを覚える響きではないだろうか。

 2馬身3/4の差をつけて破った相手は、なんと昨年の凱旋門賞(仏G1)を制しているトルカータータッソ。3着ミシュリフは日本でもお馴染みの実力馬だが、そんな強豪が2着からさらに8馬身も置き去りにされたのだから驚かされる。

 陣営も次走に凱旋門賞を視野に入れていると表明。あのトルカータータッソを負かしたのだから色気を持つのも無理はない。凱旋門賞後にはブリーダーズC(米G1)やジャパンC(G1)、香港国際競走に向かうプランもあるという。

 ただ、この“強過ぎた”パイルドライヴァーに真っ向勝負で勝利した日本馬がいることも思い出しておきたい。

凱旋門賞馬が敗戦も「武豊の夢」には悲報? 欧州で浮き彫りとなった過酷な現実の画像2
シャフリヤール 競馬つらつらより

 それは今年3月にアラブ首長国連邦のドバイにあるメイダン競馬場で開催されたドバイシーマクラシック(G1)を快勝したシャフリヤールだ。凱旋門賞でも人気の一角となりそうな馬に快勝しているのだから、相当レースレベルが高かった一戦だったことが分かる。

「日本のトップクラス5頭が参戦したこのレースを制したのが、昨年のダービー馬シャフリヤールでした。3着にオーソリティー、5着にもユーバーレーベンが入り、世界に通用するところを見せましたね。

これがいかに凄いことだったのかは、敗れた外国馬のその後の成績を見ると明らか。4着のパイルドライヴァーについては先述した通り。2着ユビアー、6着アレンカー、7着フクムの成績を見てみてください。シャフリヤールの強さが際立ちます」(競馬記者)

 確認したところ、2着ユピアーはマンノウォーS(米G1)で3着に敗れたが、次走のG2で最後方から突き抜けて圧勝。6着フクムはタタソールズGC(愛G1)を勝利し、7着フクムはコロネーションC(英G1)でパイルドライヴァーに4馬身1/4差をつけている。

 優勝したシャフリヤールは、次走のプリンスオブウェールズS(英G1)で見せ場もなく敗れてしまったが、こうして振り返れば倒した面々は大物ばかり。ドバイシーマクラシックの勝利は価値がある。

 そこで痛感させられるのは、やはりレースやコースの適性だろう。

凱旋門賞馬が敗戦も「武豊の夢」には悲報? 欧州で浮き彫りとなった過酷な現実のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合