NEW

パチスロ「フリーズが終わるまで爆乗せ」激アツの“秒数上乗せ”は本作でも健在!-新台分析-

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「フリーズが終わるまで爆乗せ」激アツの秒数上乗せは本作でも健在!-新台分析-の画像1

 秒数上乗せの興奮が蘇る。老舗メーカー・平和はこのほど、看板シリーズ最新作となるパチスロ『S黄門ちゃま 喝2』を導入予定だ。

『S黄門ちゃま 喝2』

パチスロ「フリーズが終わるまで爆乗せ」激アツの秒数上乗せは本作でも健在!-新台分析-の画像2
キュインちゃんねる@HEIWA(旧HEIWAチャンネル)より

 5号機時代のヒット作『黄門ちゃま喝』の正当後継機となる本作は、純増約2.5枚のAT「水戸YELLOW GATE」が出玉増加の主軸。

 通常時は「御一行箱」「印籠箱」と2種類ある「真310Wカウンター」を貯めることで、あらゆる抽選を受けることが可能だ。液晶左にある御一行箱は主にリプレイ・スイカ・チャンス目、同右にある印籠箱は主にベルやチェリーでポイントが加算され、310ポイント到達時はそれぞれ「310ルーレット」へと発展する。

 御一行箱からの310ルーレット(緑)ではCZ突入に期待。4種類の告知タイプから選べる「御一行チャレンジ」のほか、その上位互換にあたる「もっとラブラブお銀ハネムーン」、では、最終的におやすみのキスができれば印籠チャンス確定、さらにラブラブ度200%到達時は印籠チャンス×2、300%到達時は特大恩恵があるようだ。

 一方、印籠箱からの310ルーレット(赤)はATの直撃抽選を行い、前兆ステージが「天界ステージ」であれば、AT突入の大チャンスとなる。
 
 もちろん、双方が同時に満タンになった場合は、その時点でCZ当選が確定する上、AT抽選期待度も大幅アップするようだ。

 さらに、本機には新要素として「はらぺ高確率」が採用されており、滞在中はキノコの色に対応したチャンス役を引ければ一気にポイントMAXまで到達。ポイントMAXでATが濃厚となる印籠箱「黒」なるパターンも存在するという。

 印籠チャンスは、シリーズでお馴染みのプレイヤー選択型特化ゾーンを採用。突入時は表or裏モードを任意で選択でき、その後は単乗せの「上乗せ」、1G連上乗せの「勧善懲悪アタック」、ST上乗せの「怒髪天」、秒数上乗せの「家康降臨」のいずれかに当選となる。

 なお、表モード選択時は確実に上乗せ以上を得られるのに対して、裏モードを選んだ場合は7割でなにも獲得できない代わりに、3割で100G以上上乗せ保証の家康降臨が発動する。

 AT中は、印籠チャンスによるゲーム数上乗せがメインとなるが、本機ではAT中も310カウンターが発動。この間はナビによってベルが頻発することから印籠箱の満タン到達速度が2倍まで跳ね上がり、ベルが連続するほど大量獲得に期待できる。

 さらに、消化中はCZ「衝天ノ刻」から印籠チャンスを獲得できるパターンも。獲得時は「かげろうお銀モード」突入の可能性があるようで、以降の30G間、チャンス役成立や白7絵柄揃いを機に印籠チャンスを得られる。

 AT終了時は約15%の壁を突破できれば「萌えろ!9回裏2死満塁チャンス」へ移行。見事に移行すればその時点で50G以上の上乗せが約束され、初代のカセット出現や1or2G目で打った場合は場外ホームランが濃厚となるようだ。

【注目記事】
甘デジ「僅かなハマリ→約99.9%」突入の超アマ!! 
パチスロ実戦「ボロ負け寸前」から25セットの爆乗せで一発逆転!?
パチンコ新台「約82%継続×最大1500発」ライトミドル&「導入12万台」超ヒットマシン後継機が登場!!

パチスロ「フリーズが終わるまで爆乗せ」激アツの“秒数上乗せ”は本作でも健在!-新台分析-のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合