NEW

藤田伸二「神騎乗」魅せたデアリングタクト祖母の快勝

藤田伸二「神騎乗」魅せたデアリングタクト祖母の快勝の画像1
ウォーターナビレラ 撮影:Ruriko.I

 先週から始まった札幌開催は2週目。31日のメインは牝馬限定重賞のクイーンS(G3)が行われる。

 27日現在、『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズでは、3歳馬ウォーターナビレラが1.6倍。本番でも断然の1番人気に支持されそうだ。

 同馬の鞍上を務める武豊騎手は、数年前から夏競馬の拠点を徐々に北海道に移行。今年は他場で重賞が行われている日でもほぼ北の大地に留まって騎乗を続けている。

 そんな夏の北海道を拠点に数年前まで大活躍していたのが元JRA騎手の藤田伸二氏だ。出身が馬産地の新冠町ということもあって、夏になると毎年のように“里帰り”し、地の利を生かして、函館と札幌で暴れ回っていた。

藤田伸二「神騎乗」魅せたデアリングタクト祖母

 実際に藤田氏はJRA通算1918勝のうち3分の1以上にあたる679勝を地元2場で記録。函館記念(G3)を3勝、札幌記念(G2)を2勝するなど重賞も合計13勝している。そして、そのうちの1つが2006年のクイーンSだった。

 その年、藤田氏が騎乗したのは4歳のデアリングハートという小柄な牝馬だった。馬名からも察しがつくように、2年前に無敗で牝馬三冠を達成したデアリングタクトの祖母である。

 2002年に社台ファームで生まれたデアリングハートは、シーザリオやラインクラフトと同世代。重賞を通算3勝した実力馬で、G1でもたびたび上位を賑わせた。

 3歳春に桜花賞(G1)3着、NHKマイルC(G1)で2着した後、05年のクイーンSで古馬牝馬に挑戦。この時は後藤浩輝騎手を背に1番人気に支持されたが、4着に敗れていた。

 その後、凡走が続いていたデアリングハート。4歳春になった同馬の窮地を救ったのが他ならぬ藤田氏だった。

「初コンビを組んだのは4歳春のヴィクトリアマイル(G1)でした。3歳春の時点では“最強の1勝馬”とまで呼ばれていたデアリングハートですが、前年の秋華賞(G1)から3戦連続で2桁着順に沈んだことで、“もう終わった馬”という烙印を押されそうになっていました。

しかし、11番人気で迎えたヴィクトリアマイルで藤田氏が大健闘の6着に導くと、続くエプソムC(G3)でも10番人気で4着。復活への手応えをつかんで臨んだのが前年4着に敗れていたクイーンSでした」(競馬誌ライター)

 そのレースでデアリングハートは、マイネサマンサ、ヤマニンシュクルに次ぐ3番人気に支持されていた。

藤田伸二「神騎乗」魅せたデアリングタクト祖母の快勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合