NEW

牝馬クラシックは「原石の宝庫」新潟デビューが熱い

【この記事のキーワード】, ,

牝馬クラシックは「原石の宝庫」新潟デビューが熱いの画像1

 福島開催も終わり、今週末から新潟開催がスタート。夏の風物詩でもある直線競馬のアイビスSD(G3)や大波乱決着となることも多い新潟記念(G3)など、9月1週目まで楽しみな重賞も控えている。

 そんな新潟開催の2歳新馬もまた楽しみの一つ。近年は多くの馬が新潟デビューから大舞台へ羽ばたいた。

 なかでも、顕著なのが牝馬。近年の牝馬クラシックを振り返っても、新潟デビューの馬が多くいる傾向に気づかされる。

 今春に牝馬2冠を達成したスターズオンアースをはじめ、昨年の秋華賞(G1)を制したアカイトリノムスメ、2018年に牝馬3冠を達成したアーモンドアイなども、新潟デビュー後に大きく飛躍した馬である。

 また、サークルオブライフやラッキーライラックなど2歳時に阪神JF(G1)を制したG1馬たちも新潟デビュー組なのだから、より注目度は増してくる。

 そして、今週の新潟開幕週にも期待高き牝馬たちがデビューを控えている。今回は注目の牝馬3頭を紹介したい。

■30日(土)新潟5R 芝1600m

・リバティアイランド(牝2、栗東・中内田充正厩舎)

牝馬クラシックは「原石の宝庫」新潟デビューが熱いの画像2
川田将雅騎手

 鞍上は川田将雅騎手。父ドゥラメンテ×母ヤンキーローズという血統で、一つ上の姉に2019年のセレクトセールで金子真人オーナーが2億2680万円(税込)で落札したロムネヤがいる。姉は現在1勝クラスにいるが、新馬は勝っているだけに本馬も初戦から楽しみ。

 また川田騎手と中内田厩舎のコンビといえば、牡馬ではダノンプレミアムやグレナディアガーズで朝日杯FS(G1)を勝っているものの、未だ牝馬でのG1勝利はない。厩舎悲願のクラシック制覇に向けて、期待を背負いそうな1頭でもある。

・モリーダーリン(牝2、美浦・国枝栄厩舎)

 鞍上は戸崎圭太騎手。父ハーツクライ×母マルケサという血統で、新馬戦を圧勝した兄トラインや堅実な走りをする姉ビューティフルデイはともにオープンクラスで現在も活躍中。他の兄姉たちも初戦からいずれも好走しているだけに、デビュー戦から好勝負出来そうな器である。

 管理する国枝調教師も『日刊スポーツ』の取材に「伸びのあるゆるやかな体つきで、ゆくゆくは千六以上だろうと思う」と話しており、マイル以下の距離で活躍が目立つ兄姉より距離の融通も利きそうだ。

牝馬クラシックは「原石の宝庫」新潟デビューが熱いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合