NEW

「空気を読まない」ソダシに負の連鎖、油断は時期尚早

【この記事のキーワード】, ,
「空気を読まない」ソダシに負の連鎖、油断は時期尚早の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 一部のファンからまるでG1のようといった声も出ている今年の札幌記念(G2)。前評判の高さを裏付けるように、出走を予定しているメンバーには実力馬が揃った。

 既にG1勝ち実績のあるユーバーレーベンやグローリーヴェイズをはじめ、ダービー馬マカヒキも同じ金子真人オーナーの所有馬ということで、函館記念(G3)を勝ったハヤヤッコとともに出走する可能性がある。大阪杯(G1)で注目を集めたジャックドールの参戦も非常に興味深い。

 なかでも早い時期に陣営が目標とするレースに札幌記念を表明したソダシ(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)が、おそらく1番人気に支持されることが濃厚だ。デビューから5連勝で昨年の桜花賞(G1)を制したソダシだが、大敗したオークス(G1)からの巻き返しに成功したのが札幌記念。前回は復活勝利を見事に飾ったが、古馬となって連覇に挑む。

 その一方、昨秋のソダシがスランプに陥っていたことは記憶に新しい。札幌記念を勝利たことで、ホッとしたファンも多かっただろうが、その後は秋華賞やダートに矛先を替えたチャンピオンズC、フェブラリーSなどのG1で連戦連敗。ヴィクトリアマイルでも、まだまだ半信半疑だったが、ここでようやく札幌記念以来の勝利を手に入れた。

 そして、レース内容としてもリズムよく先行して2着ファインルージュに2馬身の差をつける完勝。同レースで5着に敗れたソングラインが、牡馬を相手に安田記念(G1)を制したのだから、相乗効果でソダシの評価も上がった。

 見せ場なく敗れていた昨秋に対し、今年の春2戦は3着から1着と復調を感じられる結果。ファンや関係者のソダシに対する“疑惑”も解消し、再び信じてもいい雰囲気が出来上がりつつある。札幌記念は昨年不安視された芝2000mの距離を克服して制したレース。そろそろ安泰ムードといったところか。

ソダシに負の連鎖、油断は時期尚早

 だが、桜花賞以降のソダシに関しては、少々つかみにくいことも確かだ。8着に敗れたオークスは、スタート後に川田将雅騎手のステラリアから執拗に競り掛けられたことでリズムを崩した可能性を捨て切れないものの、秋華賞(G1)やチャンピオンズC(G1)は、マイペースで運んた上での不可解な敗戦。これといった敗因を特定できないまま、前走で復活したことに釈然としない部分もある。

 場合によっては断然の1番人気もあり得る馬だけに、配当的な妙味を考えると疑ってみるのもありだろう。そこで思い当たったのが、白毛の女王が人気を裏切るパターンだ。

 ひとつは、今年の重賞レースにおける1番人気馬の不振である。G1に限定すると昨年暮れのホープフルSから13連敗という深刻さ。また、G1以外でも1番人気の裏切りは顕著であり、WIN5対象レースに絞ると50戦5勝で勝率10.0%という数字となる。勿論、札幌記念も対象レースに含まれる。

 統計的に3回に1回程度の割合で勝つといわれる1番人気としては、相当低い勝率といえる。札幌記念の開催はまだ少し先だが、この傾向に劇的な変化があるかどうかは疑わしい。

「空気を読まない」ソダシに負の連鎖、油断は時期尚早のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合