NEW

パチンコ「一撃万発」に続く激アツ出玉を期待!!―新台分析―

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「一撃万発」に続く激アツ出玉を期待!!―新台分析―の画像1

「軽くても一撃万発」など話題作を続々と発表

 昨年も爆裂出玉を生み出すなどパチンコ分野を盛り上げたニューギンは、2022年も抜群の存在感を放っている。

 5月には「一撃最大約10500発」獲得できるライトミドル機『Pはぐれ刑事純情派』を導入。人気刑事ドラマとタイアップした本機は、大当り確率約1/199のリミッタータイプだ。

 ライトミドルスぺックにもかかわらず「一撃最大約10500発」獲得できる強烈な仕様。さらに初当り時は必ず1050発獲得できるという安定感も持ち合わせている。遊びやすくも満足感の高い出玉性能へ、好反響が寄せられていた印象だ。

 7月には大当り1/99.90で、初当り時に必ず7R・約700発を獲得できる『PAビビッドレッド・オペレーション Sweetもも99ver.』が登場。RUSH「ビビオペRUSH HYPER」は時短70回から始まり、時短中の大当りでST100回が発動する。

 ST継続率は約67%(残保留4個含む)。大当り時は50%で4R約400発or10R約1000発に振り分けられる。甘デジながら、まとまった出玉に期待できる仕様を称賛する声は多い。

 突破への新ルートを用意することで「刺激的なゲーム性」を実現した『Pだるまっしゅ2』も絶賛稼働中。上半期のパチンコ分野を大いに盛り上げていたが…。

 同社は、さらなるサプライズを用意。「破壊的な爆裂性」を持つ怪物シリーズ待望の最新作が8月1日より降臨予定だ。

『真・怪獣王ゴジラ2』(ニューギン)

パチンコ「一撃万発」に続く激アツ出玉を期待!!―新台分析―の画像2
公式HPより

■大当り確率:1/319.68
■高確率:1/65.01(ST104回転)
■ST突入率:約63.9%
■トータル継続率:約84%
■電サポ回数:100回or実質次回まで
■ラウンド/カウント:10Ror5Ror3R/10カウント
■賞球数:2&1&5&15
〇〇〇

『真・怪獣王ゴジラ』シリーズの第2弾。興行収入82.5億円を記録した映画『シン・ゴジラ』の映像を搭載している点も見逃せない要素だろう。

 スペックは大当り確率1/319.68のSTタイプ。初当り時の確変突入率は50%で、通常大当り後の時短100回での引き戻しを含めたトータルST突入率は約63.9%となっている。

「G-RUSH」のST回数は104回で、トータル継続率は約84%と連チャンに期待できる仕様。電チューでの大当り時は77%が10R約1500発と、強烈な一撃にも期待できる設計だ。

 G-RUSHは「シン・ゴジラRUSH」と「怪獣総進撃モード」からモード選択が可能。大当りの一部で突入し、実質次回まで継続する「SUPER咆哮タイム」も注目のポイントだ(通常時でのG図柄揃いはST104回+時短9,896回)。

【注目記事】
甘デジ「僅かなハマリ→約99.9%」突入の超アマ!!
パチスロ実戦「ボロ負け寸前」から25セットの爆乗せで一発逆転!?
パチンコ新台「約82%継続×最大1500発」ライトミドル&「導入12万台」超ヒットマシン後継機が登場!

パチンコ「一撃万発」に続く激アツ出玉を期待!!―新台分析―のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合