NEW

「激アツ演出の象徴」となったニューパル系正統派パチスロ!!

【この記事のキーワード】, ,

「激アツ演出の象徴」となったニューパル系正統派パチスロ!!の画像1

 先日は山佐のパチスロ新台『鉄拳5』で惨敗を喫したばかりなのですが、何やら特殊なモードが搭載されていると噂になっていますね。何でも『ケロットエンペラー』というみたいです…ということで、今回のレトロスロットは2009年の5号機『ケロット』シリーズにしてみました。

山佐の「激アツ演出の象徴」となったニューパル系正統派マシン

 ケロットというネーミングは2006年の山佐40周年イベントでのユーザー投票で決定されたもので『ニューパルサー』といえばカエルですが、カエルの鳴き声である『ケロ』と『スロット』が合わさった名前のようです。

 マシン自体も機種名にパルサーという冠名こそ入りませんが、れっきとしたニューパルサーシリーズという位置づけであり、初代ケロットの筐体にはパルサーと書かれております。

 BIGボーナスは最大335枚獲得可能でREGは104枚。演出用のプチRT搭載ですが、実質的には正統派のノーマルタイプです。

 ニューパルの血統らしくリーチ目も多彩ですが、液晶演出も豊富でケロットの恋人である『ケロルン』を見つけることができればボーナス確定となります。

全ての小役にボーナス重複の可能性

 ニューパルとの大きな違いは全ての小役にボーナス重複の可能性があるという点。特に中段チェリーと斜め揃いのオレンジは期待度が大きく、プチRTによる連続演出で期待感を煽ってくれました。

 これが面白い。私自身も打ち込んだという程ではありませんが、チョイチョイつまみ食いしていたような感じでしょうか。単独ボーナスがメインのジャグラーは最高に大好きですが、重複が多彩なマシンも大いにアリ。これはこれで面白いんですよ。

 それにしてもBIG335枚というのが遠い過去のように思えます。現在は6号機『ケロット4』が稼働中ですが、BIG230枚、REG60枚ですからね。たった10数年前とはいえ、ボーナス獲得枚数のギャップに時代を感じてしまいます。

「激アツ演出の象徴」となったニューパル系正統派パチスロ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合