NEW

JRAロードカナロア、サクラバクシンオーでもない「歴代最速」はあの馬!? 不滅のレコード保持者カルストンライトオが最速である理由

JRAロードカナロア、サクラバクシンオーでもない「歴代最速」はあの馬!? 伝説のレコード保持者カルストンライトオが最速である理由の画像1

「歴代最速」はどの馬か――。

 31日に新潟競馬場で行われる、日本唯一の直線1000m重賞アイビスサマーダッシュ(G3)。真夏の名物レースとして、このレースが他の重賞レースよりも一際注目を浴びるのは、単純な賞金や、サマースプリントシリーズといった名誉が争われるだけでなく「純粋に『最速』は誰か決められる」からといえるのではないだろうか。

 なにせスタートからゴールまで1つのコーナーもなく、何の障害もない。言い訳が利かないので「純粋に誰が一番速いのか」が極めて明確に示される。人間でいえば、陸上競技の花形100m競走のようなものだ。

 競馬ファンの間で「歴代最速の馬は?」という話になると、時代を彩った様々なスピード自慢が出てくるだろう。ロードカナロア、サクラバクシンオー……はたまたタイキシャトルやニホンピロウイナーといった伝説級のスピード馬の名を挙げる人もいるかもしれない。

 ただ、これが「歴代最強スプリンターは?」という話なら異論はない。だが、語弊はあるかもしれないが、あくまで今回のテーマは「歴代最速の馬」である。

 となれば、やはり冒頭で触れたアイビスサマーダッシュで活躍した馬を考慮しないわけにはいかない。G3だが「直線レースの頂点」という意味では、各カテゴリーの頂点を決めるG1と同様の意義を持つからだ。

 先述したスピード馬は間違いなく、いずれも史上最強クラスだ。だが、だからといって「極限のスピードを競う新潟直線1000m」で、本来のパフォーマンスが十分に発揮されるとは限らない。

 その上で、筆者が「歴代最速の馬」として筆頭候補に考えるのは、2002年と2004年のアイビスサマーダッシュを制したカルストンライトオだ。

不滅のレコード

 

 2004年のスプリンターズS(G1)を制しているように、1200mでもG1級の強さを誇ったカルストンライトオ。だが、こと新潟の直線1000mになると、そのパフォーマンスは「歴代最強クラス」に跳ね上がる。

 2004年のアイビスサマーダッシュでつけた3馬身差は、今年で22回目になるこのレースの「最大着差」となるが、それよりも圧巻なのが初制覇となった2002年の内容だ。

 着差こそ2馬身だったが、それは2着のブレイクタイムも強かっただけで3着以下には、5馬身以上の開きがあった。着差がつき難い短距離で、これだけの着差はそうそう見られるものではないが、それも無理はない。

JRAロードカナロア、サクラバクシンオーでもない「歴代最速」はあの馬!? 不滅のレコード保持者カルストンライトオが最速である理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合