NEW

甘デジ「超大物」より先に登場した傑作!?

【この記事のキーワード】, ,

甘デジ「超大物」より先に登場した傑作!?の画像1

遊パチ『海物語シリーズ』よりも先に登場した傑作!?

 今や低貸しパチンコが市民権を得ていますが、その中でもっとも支持されているのは大当り確率99分の1の『PA海物語シリーズ』(三洋物産)ではないでしょうか。

 現在の『PA海物語シリーズ』では、一部の機種において「遊タイム」が備わっています。平均すると、低確率状態の約300回転ほどで「遊タイム」に突入。その回数は約379回の時短に入ります。必ずしも「遊タイム」に入ったから、大当りするわけではなく、あくまでも一時的な救済措置と考えるべきでしょう。

 しかし今から約15年前の遊パチタイプ登場時、「遊タイム」や最大16ラウンド大当り機能などは備わっていませんでした。

 それに『海物語シリーズ』の遊パチタイプは、意外なことに他メーカーから多少遅れて『CRスーパー海物語SAE』が登場しています。通称「白海」です。大当り確率89.75分の1、大当り終了後に5回転STがあり、時短が20回もしくは45回付でした。

 そんな「白海」の前に発表された遊パチタイプですが、各メーカーが試行錯誤して様々な機種を発表していました。それも、『海物語シリーズ』とゲーム性やキャラクターなどが酷似したパチンコ機が登場していたのです。

「イルカと人魚」が主役のリスペクトパチンコ機を先行発表‼

 その機種は、2005年に発表『CRドルフィンダイブW』(藤商事)です。

 他メーカーでも『海物語シリーズ』をリスペクトして、似たような機種を発表してきました。しかし、遊パチタイプで本家の三洋物産よりも先行するとは思いませんでした。

 大当り確率97.7分の1、確変率が46%、1回の大当り出玉は約470発でした。この機種はST機ではなく、次回までの確変ループタイプでした。通常大当り後に、50回転の時短付です。「胸キュンタイム」が発生すれば2ラウンドの突然確変に当選し、確変モードの「イルカ群高確率モード」に突入します。

甘デジ「超大物」より先に登場した傑作!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合