NEW

今年はより顕著…、国枝栄厩舎の「新馬戦」アレルギー

【この記事のキーワード】, ,

今年はより顕著…、国枝栄厩舎の「新馬戦」アレルギーの画像1

 JRAの新馬戦もスタートからまもなく2カ月。近年は素質馬が早い時期にデビューすることも珍しくなく、将来を嘱望される大物候補も次々に登場している。

 一方で、当然ながら「新馬戦」はどの馬にとっても初めてのレースになる。どれだけ血統面の評価が良くても、馬体の見栄えが良くても、デビュー前の調教で良いパフォーマンスを見せていても、レースで1着が取れるとは限らない。だからこそ、時には驚くような波乱が起こることもある。

 高配当を生む要素のひとつが、人気馬の凡走だ。中でも、今年悪い意味で注目を浴びているのが「国枝厩舎の新馬戦」というキーワードである。

国枝栄厩舎の「新馬戦」アレルギー

 国枝栄厩舎といえば、JRA通算1001勝を誇る言わずと知れた東の名門。今年もすでに21勝をマークしている名伯楽のもとに有力馬が集まるのは自然な流れだが、6月にスタートした現2歳世代の新馬戦の成績は【1-1-1-8/11】と振るわない。

 その内容を見ても、平均人気が「2.1」に対して、平均着順は「6.2」。波乱を呼び込む条件のひとつである“人気馬の凡走”を引き受ける形になってしまっているのだ。

 ただし、これは今に始まったことではない。国枝厩舎はもともと新馬戦からしっかりと馬を仕上げてくるタイプではなく、過去に管理した名馬を振り返って見ても、三冠牝馬のアパパネやG1を9勝したアーモンドアイですら新馬戦では敗れていた。

 国枝師自身もかつて『netkeiba.com』の取材の中で、新馬戦について「キャリアのスタートであり、その馬のゴールではない」とコメント。目の前の一戦よりも、その先の将来性を重視しているという旨を語っている。

 今年も、世代トップクラスの素質馬として数多くのメディアに取り上げられ、大きな期待と注目を背にデビューしたダノンザタイガーが6月の新馬戦でよもやの2着。単勝1.4倍の支持を裏切る結果に、師は「これも競馬」と肩を落とした。

 つい先週も、インゼルレーシングの期待馬・シュバルツガイストが札幌の新馬戦で7着というショッキングな惨敗。これで新馬戦の連敗は6に伸びている。

 そんな国枝厩舎がトンネル脱出に挑むのが、30日の新潟5Rに組まれた芝1600mの新馬戦。戸崎圭太騎手とのコンビで送り出すのが、牝馬のモリーダーリンだ。

今年はより顕著…、国枝栄厩舎の「新馬戦」アレルギーのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合