NEW

JRA【アイビスSD(G3)予想】藤田菜七子・今村聖奈はどちらも用なし! 1番人気も今年は危うい…千直「走り頃」の穴馬で一撃を狙う

【この記事のキーワード】, ,

JRA【アイビスSD(G3)予想】藤田菜七子・今村聖奈はどちらも用なし! 1番人気も今年は危うい…千直「走り頃」の穴馬で一撃を狙うの画像1

 今回は夏の新潟開催初週を飾る名物の千直重賞、アイビスサマーD(G3)を予想していく。

 先週の中京記念(G3)は2着カテドラルこそ来てくれたが、1着が想定外のベレヌス、3着は切ったファルコニアとどうにもならない結果。ベレヌスは前走が好走歴のあるローテーションで一度は検討もしたのだが、格下に見すぎてしまった。ファルコニアは止まらない前を追いかける展開で、決め手勝負にならなかったのが結果として良かったのだろう。そもそもベレヌスがハナを切れるとは思ってもいなかったので、それも含めて読み負けてしまった。

 予想に戻ろう。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
韋駄天S(OP) 9頭
CBC賞、函館SS 各5頭
葵S、バーデンバーデンC(OP) 各2頭
条件特別(3勝クラス) 3頭
条件特別(2勝クラス) 3頭
海外遠征 1頭
となっている。千直という特殊な舞台ということもあり、同コースで適度な間隔を空けて使える韋駄天S組が最多。残りもほぼすべて1200m戦からの転戦で、重賞組と特別組がほぼ半々といったところ。勝ち負けはないにせよ、3着までなら2勝クラスからでも来ているのでレースの格はあまり考えなくても良さそうだ。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 7-2-0-1
2番人気 1-3-0-6
3番人気 0-2-2-6
4~6番人気 0-2-4-24
7~9番人気 2-1-3-24
10番人気以下 0-0-1-69
となっている。1番人気の成績がダントツ。連対率で9割なので1番人気に逆らうのは得策ではないだろう。この来なかった1頭というのは12年のビウイッチアスという3歳牝馬。前走ローテーションも奇を衒ったものでなく、バーデンバーデンC1着の実績があったために人気になったのだろうが、あっさり大敗している。上位人気もある程度は考えるべきだろうが、7~9番人気の中穴馬が過去10年で6回来ているので、重点的に考えるならこちらだろう。


 これを踏まえて「◎」は12番トキメキとする。

 前走は駿風S(3勝クラス)。内枠を引いたものの5番手につける競馬で最後抜けだし、勝利を飾っている。

 勝ち味に遅い馬で未勝利脱出に8戦、1勝クラスから2勝クラスは連勝で勝ち上がったが、ここから3勝クラス脱出までに13戦もかかり、前走でようやくオープン入りした遅咲き。

 だが、重賞未経験かと言えばそうではなく、昨年のこのレースで4着に食い込んでいる。前走も今回と同じ千直で勝ち上がっており、千直とは相性が良い。陣営もこの点は感じているようで期待感をにじませている。

 3走前から2着、2着と来て勝ち上がったのでこの勢いも見逃せないところ。大外枠ではなかったが外目の枠を引いてポジションも上々。さらにこのレースは過去10年で牡牝は互角に戦っているが、21回の歴史の中では牝馬が14勝を挙げておりJRAの混合重賞の中でも随一の牝馬優勢なレース。そこも加味して筆頭で押さえたい。


「○」は穴っぽいところで17番シンシティを挙げたい。

 前走は韋駄天S。好スタートから先頭に立って粘ったが、後ろから交わされ3着になっている。

 この馬は父サウスヴィグラスということでダート血統。実際、デビュー戦からずっとダートを走ってきて安定した成績を残してきている。ただ、2走前と3走前にダートの短距離戦で大敗しており、気分転換も兼ねて初芝となる前走を使ってみたら予想外に走ったということで参戦を決めたのだろう。

 時計も55秒を切っており、重賞で通用するタイムを記録した。内枠でここまでやれたのだから、外枠を引いた今回はさらに期待していいだろう。条件が特殊なレースだけに、前走のメンバーの大半がここに回ってきており、相手強化という感じもない。有利さを活かして好走できるのではなかろうか。

JRA【アイビスSD(G3)予想】藤田菜七子・今村聖奈はどちらも用なし! 1番人気も今年は危うい…千直「走り頃」の穴馬で一撃を狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合