NEW

【レパードS(G3)展望】福永VS川田!3歳ダート王の行方は

JRA【レパードS(G3)展望】ホウオウルーレット×福永祐一VS川田将雅×タイセイドレフォン!の画像1

 8月7日、新潟競馬場では3歳限定のダート中距離重賞、レパードS(G3)が行われる。2016年以降の過去6年は関東馬が5勝、関西馬は1勝と、近年は東高西低の情勢。今年の主役もやはり関東馬となるのだろうか。

 オメガパフュームの弟としてデビュー前から注目されていた関東馬のホウオウルーレット(牡3歳、美浦・栗田徹厩舎)が初の重賞に挑む。

 昨年12月の2歳新馬で7馬身差の圧逃劇でド派手デビューを飾ったホウオウルーレット。続く黒竹賞(3歳1勝クラス)は2番手から抜け出す横綱相撲で6馬身差勝利を挙げ、「これはホンモノ」の声が上がった。

 ところが、3連勝を狙った伏竜S(OP)で単勝オッズ1.3倍を裏切り、5着に敗れると疑問の声が噴出。挽回を期した青竜S(OP)は初めて中団に控える競馬で2着に入ったことで雑音は小さくなったが、同時に注目度もやや下げる形となった。

 そして迎えた前走のいわき特別(2勝クラス)。古馬との初対戦で単勝オッズ1.4倍の断然人気を背負ったホウオウルーレットは、中団後方からの競馬を選択すると、向正面で押し上げていき、4角では先行集団を射程圏に入れ、直線あっという間に先頭に躍り出て最後は差を広げた。

 前崩れの展開が向いたとはいえ、2着馬に5馬身差をつけ、コースレコードタイのオマケ付き。この勝利で「やはりホンモノ」の声も聞かれるようになった。

 試金石となる今回は鞍上に新コンビとなる福永祐一騎手が配された。今年挙げた重賞2勝(フェブラリーS、皐月賞)はどちらも関東馬でのもので、ここでも関東馬で重賞勝利を狙う。

 ホウオウルーレットを追う2番手グループは大混戦。その筆頭格が嵌ったときの強さはホウオウルーレットと通じるものがあるタイセイドレフォン(牡3歳、栗東・西村真幸厩舎)だ。

 デビュー3戦目で初勝利を飾ったときは逃げて7馬身差の圧勝。続く3歳1勝クラスは3/4馬身差の辛勝だったが、ヒヤシンスS(L)11着、鳳雛S(L)2着を挟んで臨んだ前走・弥富特別(2勝クラス)は好位4番手から直線抜け出して8馬身差をつけた。

 その前走で初めてコンビを組んだのは川田将雅騎手。レース後、「道中スムーズに走って、直線ではしっかりと自分の脚を使っています。すごく良い内容で走れました」と絶賛するコメントを残し、今回も継続騎乗の予定だ。

 その戦歴から芝スタートのコースで課題は残るが、今回のようなオールダートなら上位争いは濃厚だろう。

【レパードS(G3)展望】福永VS川田!3歳ダート王の行方はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合