NEW

パチスロ「2年もの沈黙を破ってリリースされたECJの4号機第2弾」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.101】

パチスロ「2年もの沈黙を破ってリリースされたECJの4号機第2弾」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.101】の画像1


 1992年、史上初の新基準パチスロ4号機として登場し、新たな時代の扉を開けた『チェリーバー』。

 本作をリリースした新参メーカーのエレクトロコイン・ジャパン社は、ヨーロッパのアミューズメントシーンで大きなシェアを持つイギリスの企業、エレクトロコイン・オートマチック社の日本法人。

 4号機から業界参入が認められた初の海外系メーカーということで、各方面から注目を集めたが、『チェリーバー』に続く新作が一向にリリースされず、業界内では「日電協への加盟を拒否され、『チェリーバー』の1機種だけで撤退か」といった声も囁かれた。

 しかし、1994年の暮れになってようやく同社は、長い沈黙を破って待望の第2作をリリースする。ユニオンジャック(イギリス国旗)をイメージさせる赤・青・白3色の7が印象的な、その名も『トリプルウィナー3』である。

『トリプルウィナー3』

パチスロ「2年もの沈黙を破ってリリースされたECJの4号機第2弾」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.101】の画像2 シングルボーナスの集中役を搭載するA‐Cタイプだった前作と同様、ワインレッド基調の気品溢れるパネルデザインが美しい本作だが、仕様は一転してボーナスのみのスタンダードなAタイプ。

 3種の7絵柄をフルに使った役構成が特徴となっており、同色揃いがビッグ、「赤・赤・青」「青・青・白」「白・白・赤」の組み合わせでREG、それ以外の組み合わせはすべて10枚役となり、そのバリエーションはなんと21パターンにものぼる。

 組み合わせをしっかり覚えておかないと、「払い出し音のあとにいきなりボーナス音が流れてびっくり!!」なんてことも、当時はよくあった。パチスロ「2年もの沈黙を破ってリリースされたECJの4号機第2弾」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.101】の画像3
 スペックは、主役のビッグが設定2以上で300分の1をオーバー。対するREGもそれに準ずる高い数値となっており、ボーナスの連続性能を追求して設計されていることが伺える。

 実際にホールの稼動でも、ハイスペックの実力を遺憾なく発揮。「とにかく当り、そして連チャンする」といった印象だった。パチスロ「2年もの沈黙を破ってリリースされたECJの4号機第2弾」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.101】の画像4
 そんな、連チャン性の高さが魅力的なゲームを彩るのが、シンプルながらも味わい深い出目演出。

 メインとなるリーチ目は、左→中に赤7と白7の組み合わせが並び、右リールにチェリーが停止するパターン。ただし、10枚役の取りこぼしでも停止する場合があるので過信は禁物だった。

パチスロ「2年もの沈黙を破ってリリースされたECJの4号機第2弾」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.101】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合