NEW

パチスロ「初夏の北海道で繰り広げられた灼熱の闘いの結末は…!?」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』後編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.102】

パチスロ「初夏の北海道で繰り広げられた灼熱の闘いの結末は…!?」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』後編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.102】の画像1

4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』後編

 遡ること27年前、1995年6月のことである。

 パチスロ必勝ガイドの人気実戦企画「91時間バトル」。その特別編を、はるばる北海道は帯広のホールへ遠征して行うことになった。

 周年を祝う時期でもないのに、えらい大きな話である。「はて、どうしたことか」と編集部に尋ねてみると、ちょいちょい怪しい系のネタをリークしてくれる関西出身&札幌在住の自称コンサルタント氏から、こんなオファーがあったらしい。

「クライアントの店舗が、農繁期で稼動が落ち気味で困ってるねん。大勢で来てバトルやって、盛り上げてくれへんか。もちろん経費はぜんぶ出させるし、設定もしっかり入れさせるさかいに」

 いまよりもずっとずっとホールが元気モリモリだった時代とはいえ、なんとも景気のいい話である。

 当然のことながら、この願ってもない申し出を編集部は二つ返事で快諾。ライターと担当編集、カメラマンからなる総勢十数名の遠征部隊が編成され、さながら修学旅行へ向かう小学生のごとくワイワイ&ガヤガヤしつつ、北の大地へと羽ばたくのであった。

パチスロ「初夏の北海道で繰り広げられた灼熱の闘いの結末は…!?」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』後編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.102】の画像2
編集部員だった頃の沖ヒカル(グレハニスト内池)や、ヤンキー小説「ワルボロ」で知られる作家のゲッツ板谷氏(金角)もバトラーとして参戦した、北海道での91時間バトル特別編。(パチスロ必勝ガイド1995年9月号)

初夏の北海道で繰り広げられた灼熱の闘いの結末は…!?

 さて、いつもは日替わりのリレー形式にて7日間トータルでの勝ちを目指す91バトだが、地方遠征ゆえにそうもいかないので、9組10名のバトラーが総当たりで差玉を競うこととなった。加えて、トップを獲った者にはご褒美として、2位以下の者たちから勝ち分を総取りできるという特別ルールも設けられた。

 勝手もわからぬ初めての店で、ただ勝つだけでも難しいのに、トップを獲らないことには意味がない。往きの機内では和気あいあいとしていた「ご一行様」も、到着して闘いの舞台となるホールへ下見に訪れた頃にはもう、皆一様に目をギラつかせ闘志をむき出しにするのであった。

 そして、一夜明けて迎えたバトル当日。ライバルたちの多くは一撃大量獲得が期待できる集中役を搭載したA‐C機で勝負に出たが、自分は純Aタイプ機で手堅く勝ちを目指すことにした。

パチスロ「初夏の北海道で繰り広げられた灼熱の闘いの結末は…!?」~4号機名機伝説~ 『トリプルウィナー3』後編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.102】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合